Zeppelin熱が再燃し、ライブ盤を買い直す

zeppelin live Revival 音楽

Zeppelinブームが自分の中で再燃してきたのでライブ盤「伝説のライブ」を買い直しました。

Zeppelinのライブ盤「伝説のライブ」

ブロガーのつぶあんです。

ぼくは趣味が音楽鑑賞なんですが、定期的にハマるアーティストが入れ替わります。

今の気分ではLed Zeppelin。

ハマっている時はそればっかり聴くので、今回は昔手放したオフィシャルライブ盤「How The West Was Won(伝説のライブ)」を買い直してみました。

Zeppelinといえばライブですが、オフィシャルで出たライブ盤は「The Song Remain The Same(永遠の詩/狂熱のライヴ)」「BBC Sessions」今回紹介する「How The West Was Won(伝説のライブ)」、そして解散後の「Celebration Day(祭典の日)」だけなんですね。

Zeppelinはデビューした後、ドサ回りのような膨大なライブをこなし人気を確立していきました。

そして、インプロビゼーションを盛り込んだ変化自在のライブはいまでもロックファンの心をとらえて離しません。

いまだにたくさんのブートレッグが出て、熱心に集めているファンもいます。

中学生の頃に最初にZeppelinを聴いた時にはあまりピンとこなかったものの、独自のグルーブの魅力に気づいてからは一二を争うくらい好きなバンドになりました。

もっとたくさんオフィシャルでライブアルバムを出してほしいとおもっています。

新作のライブアルバム発売に向けて作業中などの噂は何度も流れていますが、いまだ実現せず。

せめて、あと2,3作くらいは出してほしいですね…。

まとめ

Zeppelinのライブを聴こうと思ったら、バンド全盛期のすさまじい演奏が楽しめるのでこの盤がおすすめです。

ジミーペイジが音にこだわるので、このアルバムも2003年発売ながら2018年にリマスターされています。

ロック好きにおすすめ!

Zeppelinのライブの魅力とは何か? | つぶログ書店

実はLed Zeppelinは広島でライブをしていた!!【伝説のライブ】 | つぶログ書店

今回紹介したZeppelinの「伝説のライブ」