丸佳浩選手のフォームをド素人が勝手に分析してみた。

丸佳浩選手のバッティングフォーム 野球・MLB

巨人の丸佳浩選手の打撃フォームを野球素人が勝手に分析してみました。

巨人丸佳浩選手の打撃練習

先日マツダスタジアムでカープ対巨人戦を観戦してきました。

たまたま球場に入った時が巨人の練習中だったので今年カープから移籍した丸佳浩選手の打撃練習を見ることができました。

軸足に体重を乗せる丸佳浩選手

▲丸選手といえば、トップを作るときにグリップを下げつつ、左足を上げるのが特徴的ですよね。

グリップを右足方向に下ろすことによって体重を乗せ、パワーを得るための方法なのかな、と考えています。

丸佳浩選手の体重移動

▲そのあとは極端なほどの 、頭を軸足側に残してスイングをしていました。

素人目にはインパクトの瞬間に一番強くコンタクトできるように意識づけをしているように見えました。

もちろん試合ではここまで極端なフォームでは打たないと思いますが、イチロー選手が打席に入る前に極端なアッパースイングで素振りをしているのと同じ意図かと思います。

丸佳浩選手のトップ

▲そのあと丸選手はトップまでは普通のフォームで、すぐに反対側だけの手でボールを打っていました。

丸佳浩選手のフォロースルー

▲そして、フォロースルーまで片手で。

丸佳浩選手の打席

体重移動をスムーズにインパクトで強く叩くためにこういう練習をしているのかもしれません。

感覚を維持するのと、普通にスイングした時にベストな形になるようにという意図ではないでしょうか。

まとめ

おそらく今回の記事は見当違いのことを言っているとは思いますが、超一流選手のフォームをもとに自分なりに考えてみるのも楽しいものです。

どういう意図があってこの動きをしているのかを考えることは野球をより楽しむことにもつながるのでは、と勝手に思っています。