ブログを書くのにWriteboxが便利ではかどります!

ブログ執筆

最近ブログを書くのに新しい方法を導入してみました。Writeboxというオンラインアプリです。テキストを書くことに特化したこのアプリを使い出して、ブログを書くスピードが上がりました。

ブログを書く方法を変えてみた

最近ブログの下書きの方法を変えました。

裏側を大公開!プロブロガーのブログ執筆から完成までの8つの手順  | にしむらぼ

この記事を読んでWriteboxというアプリを知りました。

Writebox

もともとはGoogle Chrome向けのアプリもあったようなのですが、

現在は提供されていないようです。

このアプリ、ネット上のテキストエディタなのですが、基本的にはテキストを書くだけの役割しかありません。

Writeboxの画面

この画面を見てください。

Writebox

本当に真っ白なエディタが開いているだけでよけいな機能はは一切ありません。

ファイルを開くのとキーボードショートカットはあります。

ブログを書く方法

にしむーさんの記事にもありますが、ブログを一記事ずつ

アイデア出し→執筆と編集→WordPressへアップ→アイキャッチの設定→概要を書く→アップ

という行程を踏んでいたら、結構な時間がかかります。

タスクを分割するというのもブログの執筆スピードを上げるコツですね!

いずれ別の記事でご紹介しますが、ようは、記事を書くときには記事を書くことだけに集中するということです。

新しい方法を試しだしてから間もないので、タスクを分割するまではいかないのですが、

記事を書くときは、書くことだけに集中するのはいい感じです。

HTMLのタグを書いていると見にくくなりがち。

いきなりMarsEditに書いてもいいのですが、Writeboxのほうが書くことに集中できます。

記事を書くのと、編集を切り離すことで記事を書くスピードを上げることに成功しました。

これまでは全部いっぺんにしていたからけっこう時間がかかっていたんですね。

Writeboxを使ってみての感想

Macには書くことだけに集中できるエディタもありますが、

Writeboxは本当に書くことしかできないので、より集中できる感じです。

見出しなどもあとから整えたほうが書きやすい場合もありますね。

もちろん、見出しを立ててから書くのもありです。

Writeboxは動作も軽快なので快適に文章を書くことができます。

気になる保存ですが、DropboxとGoogleドライブに保存することができます。

WorkFlowyでアイデア出しをしてもいいんですが、

最近はGoogle Keepにブログネタを集約しているので、集めたアイデアをWriteboxでふくらませる感じですね。

欠点とまでは言えませんが、chromeのアプリがないのでオフラインでは使用できず、

オンライン必須な点に気をつけなければいけないでしょう。

まとめ

テキスト中心でブログを書いている人にとてもおすすめのWritebox。

このアプリで下書きをしてから、編集すると記事を書くスピードが上がる気がします。

Writeboxに勢いのまま文章を書くというのもいいかもしれません。そして、時間のあるときに編集すると。

とてもいいサービスなので、ぜひ使ってみてください!

Writebox

photo credit: Lawrence OP Contemplative Reflection via photopin (license)

ブログ執筆

ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。