頭の中が思考で堂々巡りしてしまう時は紙に書き出すのが有効

考えたこと

悩み事があるときに思考が堂々巡りしてしまうのが悩みだったのですが、ノートに書き出すことで改善してきました。

思考の堂々巡り

ブロガーのつぶあんです。

ぼくが自分自身の悪い癖として認識していることに考えていることが堂々巡りしてしまうことがあります。

何か心配ごとがあるとして、「失敗したらどうしようか」などの不安が頭にもたげてくるんですね。

それだけですめば特に問題はないんですが、1日に何回も頭にもたげてくるんです。

心配ばかりしていても解決しないし、何か対策をしなければな、と考えていたところです。

そこでやってみたのが、定番の方法ですが、ノートに考えていることを書き出すということ。

ただシンプルにいつも使っているノートに頭に浮かんだことを書いていくだけ。

これ自体で考え事がなくなるわけではありませんが、結構頭の中がスッキリします。

頭の中に漂っているキーワードがノートの上で「見える化」されている感じがあります。

これだけでも気分的にも楽になります。

対策自体は実際に取らなければいけないですが、頭の中での堂々巡りが一旦止まるだけでも精神的にだいぶ違います。

ぼくの場合は紙のノートに書き出すのがよかったのですが、人によってはスマホに打ち込んだり、パソコンで書いたりと方法が違うと思います。

頭の中を書き出す効果

書く”という行為には他の効果もあります。

それはブログのネタ出し。

ここのところブログのアイデアが以前ほど出てこないことに悩んでいました。

ノートに考えていることを書き出すようになってから少しずつアイデアが出てくるようになってきました。

思いついた言葉を書き出すので、自分自身の考えていること、やらなければいいけないこと、興味があることが並びます。

これも毎日の生活の中で“書く”ということをしている時間が減っていたのが原因かもしれません。

(もちろん、体調、運動不足など複合的な要因はあると思います。)

書く“ということをする時間が減っていたからこそ、いざ記事を書く段階でうんうんと唸るようになってしまう。

以前読んだ『スマホメモ』という本で自分の思考メモ(ログ)のようなものをスマホのメモに残すというものがありました。

これはブログやSNSやブログに出すものではなく、あくまで自分用のメモ。

まとめ

頭の中を書き出す“というのはある意味超定番の方法です。

それだけに効果もあり、ちょっと書いた後は一息ついたようにスッキリします。

頭の中から重たいデータを外付けドライブに移すイメージですね。これからもやってみようと思います。

思考の偏りを治すのはなかなか難しいと感じた話 | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)