ブルース界の巨人、ウィリー・ディクソンのセルフカバー集「I am the Blues」

willie Dixon i am the blues アナログレコード

ブルース界の巨人、ウィリー・ディクソンのソロアルバム「I am the Blues」を紹介します。

ブルースの巨人、ウィリー・ディクソンのアルバム

ウィリー・ディクソンといえば、ブルースを聴いたことがあれば必ず聞いたことがある名前です。

なぜならブルースのみならずロック界にも影響を与えた「Back Door Man」「I Can’t Quit You Baby」「Spoonful」「Hoochie Coochie Man」「Little Red Rooster」などを作曲した人物だからです。

その他にもマディ・ウォーターズのバンドでベースを弾いたり、プロデューサーや新人の発掘までしていた、まさにブルース界のドンといえるレジェンドなのです。

今回紹介するのは彼がほかのアーティストたちに提供した曲をセルフカバーしたアルバム「I Am The Blues」です。1970年リリース。

created by Rinker
Sbme Special Mkts.
¥447 (2019/10/19 21:36:17時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルからして自信満々。これぞブルースというスタンダードとも呼ぶべき曲が収録されています。

このアルバムはレコードイベントでシュリンク付きで購入することができました。

バーズのディランカバーだけを収録した「Byrds Play Dylan」というアルバムがありますが、そのブルースバージョンと言った感じでロックでカバーされた曲のオリジナルバージョンが本人による演奏で楽しめます。

このアルバムの収録曲

Side A

  1. Back Door Man
  2. I Can’t Quit You Baby
  3. The Seventh Son
  4. Spoonful

Side B

  1. I Ain’t Superstitious
  2. You Shook Me
  3. I’m Your Hoochie Coochie Man
  4. Little Red Rooster
  5. The Same Thing

こんなすごい曲をすべて書いたなんてすごいです。

Willie Dixon – I Am The Blues (1991, Vinyl) | Discogs

まとめ

ウィリー・ディクソンの名前は聞いたことがあっても、アルバムを聴いたことはないという人もいるかもしれません。

そんな人にはレジェンド級の曲ばかり収録されたこのアルバムがおすすめです!

これぞ,マディ・ウォーターズの真髄!「リアル・フォーク・ブルース」 | つぶログ書店

今回紹介したウィリー・ディクソンのアルバム

created by Rinker
Sbme Special Mkts.
¥447 (2019/10/19 21:36:17時点 Amazon調べ-詳細)