ノエル・ギャラガーの新作「Who Built the Moon?」を聴いて感じたこと。

スポンサーリンク



リリースされたばかりのノエル・ギャラガーの新譜を聴きました。

ノエル・ギャラガーの新作を聴いた

元Oasisのノエル・ギャラガーの新作「Who Built the Moon?」がリリースされました。

ノエル・ギャラガーズ・ハイフライングバーズ名義でソロとしては3作目になります。

個人的には今回の作品かなり好きな感じです。ノエル自身はかなり自信を持っているみたいですね。

Oasis後期からノエル自身がサイケデリック風な音楽を好んでいたみたいですし、もともとストーンローゼスが音楽の世界に入るきっかけみたいなものなので本人からすれば予定通りの流れなのかもしれません。

誤解を恐れずにいうならば、Oasisの作品の中では「Dig Out Your Soul」の方向性の作品だと思います。

Who Built the Moon?を聴いて感じたこと

1曲目のFort Knoxは幕開けとして最高ですね。Fuckin’ in the Bushesのサイケデリック版といった感じ。

Holy Mountainからいきなり曲調が変わるけど、このスタートがアルバム全体の流れを決定づけているのは間違いない。

このテイストでアルバム全体が貫かれていたらもっと傑作になっていただろうという気はします。

ソロに入ってからは顕著だけど、ノエルがもう昔の曲を焼き直すことには興味がないのでしょう。

Little by Littleみたいな曲のストックはたくさんあるけど、リリースするつもりはない、みたいな発言もしていましたし。

もともとセックス・ピストルズが大好きで、ピンクフロイド、デビッド・ボウイあたりも好きな人なので今回のアルバムにそのあたりの要素が結実したということでしょう。

今回のアルバムはライブ映えしそうな曲が多く、ライブも期待できます。

すでにツアーは始まっているようですが、まだ動画などはほとんど見ていません。

なんだかミステリでネタバレを見たくない感じで日本でのライブに行くまで情報をカットしておきたいんですよね。我慢できずに見てしまいそうな気もしていますが。

名盤だと思いますが、これから聴き込んでいく中でいわゆるスルメ盤になっていくのか楽しみですね。

勢いありきじゃないし、くり返し聴くのに耐えられそうな雰囲気は漂っています。

Twitterでちょっと見てみただけですが、評判も上々のよう。

ノエル広島ライブの思い出

前作「Chasing Yesterday」のツアーでは奇跡の広島ツアーが実現し、参戦したのはいい思い出です。

あのノエル・ギャラガーが広島でライブをやるなんて!

ノエル・ギャラガー

今回のジャパンツアーでももちろん広島ライブの実現を期待しています。

まとめ

好きなアーティストの新作を聴くこくことができるのは本当に楽しいものです。

たぶん日本にも来るでしょうから、ライブも行ってみたいですね。

Oasisのファン向けというよりはノエルのソロが好きな人にぴったりの作品だと思います。バンドの時代とは方向性が変わってきてますからね。

いいアルバムなのでぜひ聞いてみてください!

ノエル・ギャラガーの新譜

関連コンテンツ(広告あり)



ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*