スポンサーリンク



iPhoneの買い換えを検討しています。

一時期MacBook12インチの購入へ気持ちが傾きましたが、いまはiPhoneに関心を持っています。

MacBook12インチがほしくなる

MacBook12インチが欲しくなったのは、

  • 持ち運びに便利であること
  • バッテリーが持つということ

主にこの2点からです。ポートがUSB-Cしかないこともモバイルと割り切ればいいかなという感じでした。

しかし、Macの故障からMacBook Airを買い換えたため、MacBook12インチの優先度は低くなりました。

さらにいえば、MacBook Airを持ち運び使えばいいこと、Airは12インチよりは重いとはいえ、十分軽くモバイル用Macとしても優れているという点があります。

持ち運ぶということを考えた場合、MacBookよりも多く使うのがiPhoneです。

iPhoneを買う?

と、こういう結論に至ったのはこの記事を読んだからです。

Macの買い替えを検討した結果、購入した意外なモノ | さいんぽすと

そう、使用時間から考えるとiPhoneが1番使っている時間が長いのですよね。

もはやiPhoneは電話としてではなく、Twitterやモブログ、アイデア出し、メモなど様々な用途で使っています。

となるとiPhoneを購入した方が良さそうです。

その時問題になるのが、分割で支払っている端末代のことです。

ぼくの場合、iPhone6Sを使っていて、残債は35000円ほどです。このまま支払えばよさそうなものですが、ここに来てひとつ問題が浮上してきました。

MNPしようかどうしようか

それはauとの2年契約が来年の3月で切れるということです。auにはあまり不満がありませんが、せっかくやってきたこのタイミング。逃したくないという気持ちが出てきました。

そこで浮上したのが、格安SIMへMNPするという選択肢です。こうすることによって、通信費をお幅に下げることができます。

現在残っている残債はiPhoneを下取りしてもらうことによって、ある程度補填することができるようです。

SmarketにiPhone 6 Plusを買取してもらったら、予想を超える査定結果に! | さいんぽすと

こちらの記事以外にも高額で下取りしてくれるショップはあり、なかには40000円以上という高額な価格のお店もありました。

iphone(アイフォン)買取価格表 – 高額買取のメディアフロント

実は最近iPhoneが充電が十分残っているにも関わらず、電源が落ちてしまうということが頻発しています。

こんな事情も買い換えに気持ちが傾く要因になりました。

一刻も早く新しいiPhoneが欲しいという気持ちが出てきたのですが、Appleストアの在庫がないのと、3月より前だと違約金が発生するのがネックです。

しかし、先ほどのお店で44000円で買い取ってくれるなら、残債を払うには十分です。

条件としては、残債+auへの違約金がまかなえれば最高です。それが達成できないときは3月まで待つしかありませんね。

信用できるお店かどうかは調べないといけないですが。

購入するのは?

購入するのはもちろん、iPhone7です。

格安SIMについては、いくつか候補があります。現在テザリング用で契約しているのは楽天モバイルの3.1GBプランです。

このほかだとIIJMioなどの評価が高いようですね。

IIJmioを使うメリットは「信頼性」。MVNO(格安SIM)の最大手IIJmioのお勧め理由を紹介 | アナザーディメンション

mineoならあなたのスマホそのままで電話代が安くなる!月額1,310円(税抜)から! |mineo(マイネオ)

iPhone7の入手が最大の問題だ!

iPhone

ご覧の通り、Appleストアで購入するiPhoneはかなり高額です。

といってもキャリアで契約しても端末代は負担しているわけで、一括か分割かの違いですね。

ここで問題になるのがauのアップグレードプログラムの存在。

毎月300円を支払うことによって、お得に機種変更ができるプランですが、ぼくはこれに加入しています。

使用期間が13ヶ月を経過すると、残りの残債のうち17〜24ヶ月の代金をauが負担してくれるというものです。

アップグレードプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

格安SIMではなく、キャリア版を選択する理由もあります。こちらの記事をご覧ください。

docomo版iPhone 6sを買います。私がSIMフリー&MVNO(格安SIM)ではなくキャリア版を選択する理由 | アナザーディメンション

悩ましいですね。今回MacBook Proをスルーして整備済MacBook Airを購入したのはiPhoneか、MacBookを買うためでもあります。

シュミレーションしてみた!

  • auにこのまま残ってアップグレードプログラムを使った場合。

端末代33215円-(分割2855×7)+2000(アップグレードプログラム前倒し利用料)=15230円+iPhone7支払い

  • 格安SIMへMNPした場合(3月以前)

契約解除料(9500)円+端末代(33215)+iPhone7(+AppleCare)=146315円

この方法だとiPhoneを44000円で下取りしてもらえれば、端末代だけの負担でMNPできますね。

ただ中古なので本当に44000円で買い取りしてくれるかどうか不安がありますが。

当然ながら、通信費は別にかかります。auの時とは格段に下がりますが。

まとめ

とりあえず、すぐにMNPするという選択肢もあります。

しかし、結構な負担額になることも事実。高値で下取りしてくれればいいのですが、必ずしもその保証はありません。

本当に40000円以上で買い取りしてくれるのかしら。

アップル公式だと20000円台、ほかのところも30000円台なんですよね。

まあ、AppleストアでiPhoneが手に入るのが大分先になりそうなので、焦ることはありません。

のんびりと待ちましょう。冬にはボーナスも出る予定なので、それをあてにしてもいいですね。(出ますよね?笑)

また動きがあったり、お知らせします。

関連商品

photo credit: ThoroughlyReviewed iPhone via photopin (license)

関連コンテンツ(広告あり)



スマートフォン

ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。