https://ytkglife.net/

『うつヌケ』by 田中圭一を読んで気持ちが楽になった!

トンネルを抜ける

『うつヌケ』という作品に出会いました。この作品は漫画ですが、うつ病を取り上げた漫画です。

うつを取り上げた漫画に出会った!

最近、うつ病とか心の疲れを取る方法について書かれた本をよく読んでいます。

そんな中出会ったのが、この本です。

サラリーマン、漫画家として活躍する田中圭一さんの作品です。

この作品を知ったのはよくブログを読ませてもらっている双極性男子のあたまのなかの星野さんの記事です。

マンガだからよく分かる! うつ病の体験談がまとめられた傑作マンガ「うつヌケ」 | 双極性男子のあたまのなか

この作品上記の記事にも書いてありますが、うつ病を取り上げた漫画です。

その記事でこの作品を知り、読んでみることにしました。

うつのトンネルに入るとき

漫画といって侮るなかれ、この本は自信をうつのトンネルを抜けた田中さんがいろいろな人にインタビューするという構成になっているため、当然ながら重い話もあるし、逆にトンネルを抜けた喜びも語られているのです。

読む前はプライバシーのために取材された人は仮名というか架空っぽい感じで書いてあると思っていましたが、ミュージシャンの大槻ケンヂさんや、哲学者の内田樹さん、作家の熊谷達也さんも登場します。

ぼく自身はうつ病と診断されたわけではありませんが、メンタルの落ち込みを経験しているだけに気持ちはわかります。

本を読んでいただきたいし、ネタバレになるので詳しくは触れませんが、うつのトンネルに入る原因には人ぞれぞれの要因もあれば、共通のこともあります。

感情を揺さぶられた

ここ最近は漫画や映画、音楽を聴いても泣くということがなかったですが、この『うつヌケ』を読み終わったときは少し泣いていました。

作品に感動したのはもちろんですが、自分と同じく苦しんでいる人がいること、そこから脱出する方法があるということに感動したからです。

一つの治療法だけが薦められているわけではないですし、基本的なこともわかりやすく書いてあるのでいろんな人に読んでいただきたい名作漫画だと思います。

まとめ

この作品に出会えて良かったと思います。

ぼくのことを心配してくれている人にもこの漫画を読んでもらおうと思います。

患者さんが書いた本、精神科医の方が書いた本、いろいろありますが、読むのが難しい本もありますからね。

その点、この本は読みやすいながらもしっかりと学べるという点でとても良かったです。

ぜひ、読んでみてください!

今回紹介した本

photo credit: 藍川芥 aikawake Child | 2 Naughty Expressions via photopin (license)

メルマガ始めました!

前向きメルマガ始めました。
読んだ人がちょっと元気になれて前向きになってほしいそんな気持ちを込めてメルマガ始めました。

その名も「つぶあんログ」。

毎日配信でずっと無料です。

登録はこちらから

関連記事

勝間式汚部屋脱出プログラム :片付けマインドをセット

原宿

[書評]とりあえずやってみよう!:伊東明「できない」が「やってみよう!」に変わる...

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 by 安藤美冬

早朝のビル街

人生を劇的に変える:『ノマドワーカーという生き方』

靴ひも

[書評]松岡修造の冷静と情熱のあいだ『本気になればすべてが変わる』

街並み

うまい文章とはなにか:『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」...