秀吉について知りたかったら、まずはこの1冊『図説豊臣秀吉』

toyotomi hideyoshi 書評

豊臣秀吉について知りたいときに、まずは読んでもらいたい本を紹介します。

秀吉の生涯を知るのにおすすめの本

豊臣秀吉といえば日本史上でももっとも有名な人物ですが、同時に見る人によって評価のわかれる人物でもあります。

また、豊臣政権は実質的に秀吉一代で滅んでしまったので、結構わからないことが多いと思っています。

この本は、現時点での豊臣秀吉の研究成果をまとめ、その生涯を写真や図で解説したものです。

created by Rinker
¥2,200 (2020/08/10 12:03:33時点 Amazon調べ-詳細)

見本用 豊臣秀吉.pdf

有名な小牧・長久手の戦いも従来は秀吉が家康を屈服させることができなかったと言われることが多かったのですが、最近では戦略的には秀吉の勝利と評価されています。

こういう点ももちろん押さえてありますし、秀吉の一族、家臣、太閤記などにおける秀吉など「秀吉のことを知りたかったらまずはこの1冊」に仕上がっています。

この本で初めて見た図として、各地に点在していた直轄領「太閤蔵入地」が各国ごとにどれくらいの割合なのか示した図ですね。

あとは、織田家家臣時代、本能寺の変のあと、天下人として時期など、各段階での勢力図が掲載されているのもいいですね。

意外とこういう図を掲載している本はないので、その意味でもおすすめです。

まとめ

研究者向けの本はなく、一般向けの本でもしっかりと最新の研究成果を反映させた本が出るようになってきました。

冒頭にも書いたように秀吉は日本史上でも有名な人物ですが、ドラマや小説の影響が大きく意外とわかっていないことがあったりします。

戦国から江戸期の歴史に興味を持っている方はぜひ読んでみてください。

天下人の築いた巨城の歴史『豊臣秀吉と大坂城』 | つぶログ書店

秀吉の構想を垣間見る『羽柴を名乗った人々』 | つぶログ書店