鞆鉄道野上駅跡の看板を目撃

地域情報

かつて福山と鞆の浦を結んでいた鞆鉄道。

その野上駅の跡地を通りかかりました。

野上駅跡の看板を目撃

大正2年(1913年)から昭和29年(1954年)まで福山と鞆の浦を結んでいた鞆鉄道。

(当初は野上駅と鞆の浦までの路線)

現在ではほとんど痕跡はありませんが、所々にわずかに面影が残っています。

先日散歩をしているとその鞆鉄道の駅の跡地を通りかかりました。

▲古野上町にある旧野上駅の看板です。

当時のあとはまったくなく、この看板も会社の建物の壁面に設置されていました。

近くに古野上町町民館があり、鞆鉄道の路線も書かれています。

(かなり読みにくくなっていますが…)

鞆鉄道廃線跡を訪ねて

まとめ

江戸時代などとくらべて近代の歴史のほうが開発などで現在まで残りにくいような気がしています。

特に鞆鉄道は会社こそ残っているものの、路線自体はまったく面影が残っていません。

こういう歴史もずっと伝えていきたいものです。

【福山】街角に見つけた街道の分岐点【西国街道】 | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)