ザ・フー、13年ぶりの新作かつ何度目かの傑作「Who」

the who who 音楽

ロックレジェンド、ザ・フーの新作を購入したのでレビューします。

ザ・フーの13年ぶりの新作を購入!

尾道市の尾道レコードでザ・フー13年ぶりの新作、「Who」を買ってきました。

このアルバムの最大のポイントはロックレジェンドであるザ・フーの“今”のサウンドが楽しめるという点です。

the who who

ザ・フーといえば、「Tommy」「四重人格」などのコンセプトアルバムに代表されるような“過剰”な部分が特徴。

重厚なアルバムは大好きなんですが、時として重たいときもあります。

しかし、今作ではいい意味で力の抜けた、等身大のザ・フーになっています。

ここ何作かのフーのサウンドを踏まえながら、過去の栄光にひたらず、同時代に向けて発信された「ロック」だな、と。

それが一番嬉しかったですね。

created by Rinker
¥612 (2021/06/15 21:25:25時点 Amazon調べ-詳細)

リアルタイムのThe Whoがここにいる!

アルバムジャケットがチャック・ベリーやモハメド・アリ、過去のフーのイラストなどがデザインされているので、“レトロ”な作品を出すのかな、と思いましたが全然違いました。

1曲目の「All This Music Must Fade」からして最高です。

スケール感を感じさせるサウンドはフーならでは。

あとはDetourとか、Rokin’ In Rageはフーらしい!

ラストのShe Rocked My Worldはアルバム中もっとも60年代っぽい雰囲気を持っています。

ロジャー・ダルトリーのボーカルも全然衰えていないし、もちろんピート・タウンゼントのギターと曲作りも。

キース・ムーンから直接ドラムの手ほどきを受けた、ザック・スターキーも全編で好サポート。

ちゃんとフーの音になっています。(ツアーを何度もやっていますからね)

「『四重人格』以来の最高傑作!」13年ぶりのスタジオ・アルバム発売! – ザ・ フー

まとめ

フークラスの大物が新作を出すときは、結構“今”のサウンドにフォーカスしてそのバンドらしさが薄くなってしまう場合があります。

しかし、このアルバムではそれがない。ちゃんと新作として楽しめる、そこが最高です。

ザ・フー、何度目かの傑作!ぜひ聴いてみてください!

ザ・フーの名盤『Tommy』USリイシュー盤!【ロックオペラ】 | つぶログ書店

今回紹介したアルバム

created by Rinker
¥612 (2021/06/15 21:25:26時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい(スポンサーリンク)