一生このまま砂糖水を売り続けるのか?Supersonicを書くのか?自分で決めるんだ!

人生を変える曲

出かけてたくさんの人に出会って頭に浮かんだことを文章にしてみました.

ノエル・ギャラガーがSupersonicを書いた夜

Oasisというバンドはご存じでしょうか?

90年代にブリットポップというムーブメントに乗り、ロックで世界を席巻したイギリスのバンドです。

残念ながら現在は解散してしまいましたが、いまも高い人気を誇っています。

このOasis、デビュー曲はSupersonicという曲です。

驚くべきなのがこの曲勢いでレコーディングして、ミックスもラフなまま直していないそうです。

ノエル・ギャラガーは「まさにミラクルが起こった夜だった」と発言しています。

まさに世界的バンドの基礎を築いた曲な訳です。

最近感じていたことがあります。

それはブログを始めたころのような熱い気持ちを今も持っているかということ。

見出しもSEOも知らず、ただ書きたいことを書いていた最初のころ。

収益を上げるという面、アクセスを伸ばすという面ではマイナスかもしれません。

だがそれがなんだというのか。

正攻法ではないかもしれない。遠回りかもしれない。

でもこの道で世界を認めさせてみせる。一番になる。

その思いがなくてなんのための人生なのか?

スティーブジョブズはペプシコーラからジョン・スカリーを引き抜くときにこう言った。

「このまま一生砂糖水を売り続けたいのか、それとも私と一緒に世界を変えたいのか?」

ぼくは砂糖水を売って一生を終えたくない。

たとえつたなくても自分の文章で勝負したい。

無謀な挑戦かもしれない。門前払いかもしれない。

月に向かって手を伸ばしているのかもしれない。

未来は自分で決めることができる

未来は自分で買えることができると言ったら、あなたはどんな顔をするだろうか?

そんなの不可能だと言うかもしれない。自分には無理だと!

人生は選択の連続だ。

選択を続けて人生が形作られる。

砂糖水を売り続けれるのではなく、Supersonicを書く人生を選べばいい。

難しいことは言わない。

自分で決めるんだ。

そうすればきっと未来は変えられる。

たった一言が一生を永遠に変える

たった一言で人生は変わる。

ほとんどの人は何かを聞いても流してしまう。

ほんのわずかな人が新しい情報をキャッチすることができる。

才能ではない。アンテナをはっているかだ。

人生を変えるには一言で十分だ。

自分を振り返ってみると足りないものはないということに気がつくはずだ。

石油王にならなくたって夢を叶えることはできる。

一生このままでいるか、自分で未来を切り拓くか選ぶんだ!

まとめ

きっと人生は簡単に変わる。

あとは自分にその覚悟があるかどうかだ。

方向さえ間違ってなければきっとたどり着ける。

自分にとってのSupersonicを書いて見せる。

人生を変える曲

ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。