ストーンズの1994年リマスターBob Ludwig「Collectors Edition」版

Bob LudwigのリマスターのCD 音楽

定期的に訪れるストーンズモードの真っ只中なので、いい音で、それも安価にストーンズを楽しみたいといろいろ調べています。

いい音でストーンズを聴いたい

いま絶賛ストーンズモードに入っています。

60年代のシングルをモノラル音源で聴くことができる「シングルコレクション-ザ・ロンドン・イヤーズ」を聴いて再び名エンジニア、ボブ・ラドウィッグってすごいなと感じているところです。

ネットで見た記事によると2009年リマスターはデジタル時代っぽいリマスターになっていて、1994年のボブ・ラドウィッグが手がけたリマスターにはかなわないとのこと。

この記事ですすめられいたのが、70年代のストーンズを楽しむためには94年リマスターCD、それも輸入盤の方を聴くべきだということです。

国内盤に関してはTSUTAYAで借りてきて、楽しんでいるものの高音質とされる輸入盤はどんな感じか気になりました。

ストーンズの94リマスターのUS盤

さきほどの記事にある国内盤はTSUTAYAで借りてきたんですが、海外でプレスされた輸入盤のほうが音がいいということで入手してみました。

このシリーズには文字通り、アメリカで製造されたCDを輸入したものと輸入盤に日本語の解説と黄色い帯をつけた輸入盤国内仕様があります。

今回はAmazonで輸入盤国内仕様を見つけたので購入しました。

Tatto Youの94リマスター

このシリーズは黒いシールで「Collector’s Edition Digitally Remastered Original Album Packing」と貼ってあるのが特徴です。

しっかりとした紙ジャケット仕様

▲このシリーズはオリジナルジャケットを再現した紙ジャケット仕様を薄型のプラケースに収納するタイプです。

紙ジャケットは内袋も再現でなかなかのクオリティ。94年の時点でここまでコレクター心をくすぐるCDが出ていたんですね。

CDの盤面

▲ローリング・ストーンズレコードのCDといえば、黄色いレーベルがトレードマークですが、このCDもそれに準じたレーベルのデザインになっています。ちょっと色は薄め。

ボブ・ラドウィッグのクレジット

▲TSUTAYAに置いてある国内盤にもあるボブ・ラドウィッグのクレジットはもちろんこの盤にもあります。

メインストリートのならず者94リマスター

▲別なお店に注文した名盤「メインストリートのならず者」リマスターはなんと新品未開封。シュリンク付きでした。

今年の新譜かと思うほど、きれいでびっくりしました。

ただ、未開封だったにもかかわらず中盤からノイズがバリバリとして通して聴くにはしんどい感じに…。

もしかしたらCDの経年劣化か、プレスミスかもしれません。

自然なアナログライクな音が素晴らしい!

というわけでまだ「Tattoo You」しかきちんと聴けていませんが、音圧に頼ることなく空気感というか、楽器の「鳴り」が楽しめるような感じのサウンドが楽しめます。

アナログレコードとCDなので完璧に同じではないものの、アナログレコーディングの質感を活かしたリマスターになっています。

元のアナログの素材を活かした、空間構成とエコー感を損なわず、かつ、アナログが持つ自然な迫力(グルーヴ感)が出るようなマスタリングを行っているのです。ローリング・ストーンズの2009年リマスターが失敗した理由|ツナギトレードコンサルティング|note

国内盤とくらべて、完全に別音源を聴いている!というところまではいきませんが、一段鮮度のいいようなウォーミーなサウンドがたまりません。

いや、本当にボブ・ラドウィッグってすごい!

まとめ

「メインストリートのならず者」については残念ですが、また中古かレンタルで入手しようと思っています。

クラシックの世界ではCDの初期にプレスされた盤が音がいいと人気だと聴いたことがありますが、ロックにもそういうのがあるんですね。

国内盤については普通にTSUTAYAなどでレンタルできるはずなので、ぜひ聴いてみてください!