ずっと手元に置いておく本と手放す本

本・読書に関すること

読書が好きな人にとって悩みのためといえば、本の置き場所だろう。

どんどん読みたい本を買っていると置き場所がなくなったり、「積読」が増えていくという経験をしたことがある人はいるはず。

ぼくも一時は本棚から溢れるくらい本を持っていたが、今はかなり処分した。

メルカリなどで売ることを見越して丁寧に読む人もいるが、ぼくの場合は宅配買取で不要な本を手放す。

その一方で何年も手元に置いて折に触れて読み返す本もある。

1度手放した本を再度購入し、その本が手元に置いておく本に昇格することもある。

いわゆる「古典」のような本はノートを取り、書き込みをして自分のものにしていく。

自分の手元に置いておく大切な本は線を引いたり、書き込みをしたりして「汚しながら」読むことも大切だ。

売ることを意識するあまり、内容を自分のものにするのをためらうようでは本末転倒。

その辺の見極めは難しいが、数をこなして「目」を鍛えるしかない。