作業用BGMにゲームのサントラが最適!

コール オブ デューティ

ブログを書いていることもあり、作業用BGMを探すことが聴くことが多いです。いろいろ探していたところ、おすすめのジャンルを見つけました。

作業用BGMを探す日々

昨日Apple Musicの記事を書きました。

Apple Music最高!という記事ですが、これはほかのストリーミングサービスでも同じです。

普段はブログを書くときなど作業用BGMとして音楽をかけながら記事を書いています。

この記事を書くときのBGMが問題なんです。

個人的にJ-POPはかけません。

これには理由があって、考えながら記事を書いているときに日本語が頭に入ってくると、そちらに思考が取られて脱線してしまうのです。

その点外国語なら「音」として聞き流せるので作業にぴったりなんです。

もちろん、リラックスするときなどJ-POPをかけるときもあります。

ジャンル選びは難しい!

個人的に好きな音楽ジャンルはロックなのですが、これも良し悪しです。

なかなかヘビメタをかけながら記事を書くというのも難しく・・・。

勢いをつけたいときはいいんですが。

集中したいとき、勢いをつけたいとき。それぞれに合うアルバムを選ぶのが結構大変。

音楽を探すのに時間がかかっては本末転倒です。

クラシックも考えました。

集中できるのでなかなかいいのですが、選ぶのが結構手間です。

バッハとかモーツァルト、ベートーヴェンくらいしか知らない素人なのでどういう曲かわかりにくい。

それに加えて同じ曲でも演奏している人が違ったりします。

ジャズも聴きますが、曲調が合わないときは集中できなかったりします。

そんなとき試してみていい!と思ったジャンルがあります。

作業用BGMにぴったりのジャンルとは?

それはサントラ。

特にゲームのサントラがいいですね。

その理由なんですが、ゲームのサントラはゲームが主役なので集中を邪魔しないように考慮されている気がします。

ボーカルが入っていないものが多いのもいい。

ゲームのサントラではいわゆる洋ゲーのサントラが好みですね。

Apple Musicで聴くことができますよ。

イメージとしてはシリアス系のハリウッド映画の予告でかかっている曲みたいな感じです。

個人的に最近見つけてお気に入りなのが、コール・オブ・デューティシリーズ。

残念ながらゲームは未プレイですが、動画などで見たことはありますし、存在は知っていました。

コール・オブ・デューティシリーズをかけながら記事を書いたところ、かなりはかどりました。

集中を邪魔されないし、記事に没入できる感じです。

これはゲームのつくりがそうなっているからでしょうね。

まとめ

映画のサントラも同じくらいいいですよ。

好きな映画はダークナイトなのですが、ハンス・ジマーの重厚な曲が集中を助けてくれます。

作業用BGMを探している人は一度試してみてください。

コール・オブ・デューティで聴いた本作

photo credit: starstreak007 DSC02467 via photopin (license)

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

コール オブ デューティ