徳川家康の生涯を押さえることができる良書!柴裕之著『徳川家康』

tokugawa ieyasu 徳川家康 書評

柴裕之さん著の『徳川家康 境界の領主から天下人へ』を読みました。

“等身大”の徳川家康像

柴裕之さん著の『徳川家康 境界の領主から天下人へ』を読みました。

created by Rinker
平凡社
¥1,870 (2020/01/27 21:50:40時点 Amazon調べ-詳細)

徳川家康 – 平凡社

現代人は徳川家康が最終的に将軍になり、江戸幕府の基礎を築くと知っていますが、忘れがちだけれど当たり前の事実に当時の人はそのことを知らなかったことがあります。

最近の戦国時代についての本を読むと、「境目衆」という言葉が出てきます。

これは戦国大名の本拠と本拠の間に存在した在地領主のこと。

戦国大名はこれらの在地領主に軍事的保護を与えることで自家に従え「国家」を形成していたわけです。

戦国大名とは、それぞれの地域の状況をふまえて統治を進めていく領域権力である。家康もこのあり方のもと、領国支配を展開させたのであった。

徳川家康もこの「境目の領主」で、当主となった時点では本国の三河一国の領主でもなかったのです。

徳川家康は、はじめ戦国大名今川氏のもと、境目の三河国衆として活動した。そして三河国を平定し、戦国大名として発展を遂げた後も、織田・武田両氏の勢力圏の境界に生きる「境目の戦国大名」であった。

今川義元が信長に敗れなければ、武田家の攻勢に屈していたら、その後の日本の歴史は変わっていたのでしょう。

徳川家康は江戸幕府開幕後、「神君」となるので現代の理解もそれを引きずった物になっていると思います。

最近では江戸時代の幕府の史書や軍記物の影響を指す「徳川史観」という言葉もよく見るようになりましたが、それだけに「“等身大”の家康」を知ることは、ひょっとしたら信長や秀吉より難しいのかもしれません。

最近では徳川家康の武田家との戦いを取り上げた本も出たり、戦国時代、豊臣政権の研究も進んでいる印象です。

戦国時代の多重構造的な世界を垣間見ることができる今後の研究の進展に期待です。

まとめ

この本では特に家康の青年期から5カ国の大名になる部分が面白かったですね。

家康も答えを知りながらその時々で答えを模索しながら生き残りをかけていたという当たり前だけど、忘れがちな事実を知ることができました。

戦国時代の大名たちの「国家」運営についても知ることができるのでおすすめの本ですね。

世界的巨大城郭の魅力を一冊で!『江戸城の全貌』【荻原さちこ】 |

江戸の秘密は将軍にあり?『徳川将軍家の演出力』 |

今回紹介した本

created by Rinker
平凡社
¥1,870 (2020/01/27 21:50:40時点 Amazon調べ-詳細)