【福山】中央公園に藩校誠之館跡がある【藩校】

誠之館跡 考えたこと

福山の旧藩校誠之館は現在の中央公園の場所にありました。

福山藩の藩校誠之館

広島県福山市で歴史ある学校といえば誠之館高校があげられます。

この誠之館、もともと江戸時代福山藩が作った藩校から校名を取っています。

現在高校は福山駅の北側にありますが、かつては中央公園(まなびの館ローズコム)に藩校が置かれていました。

誠之館は老中首座を務めた福山藩主阿部正弘によって作られ、校名は「中庸」から取られました。

現在は公園になっているので藩校時代の面影はありませんが、藩校跡地であるという石碑が設置されています。

当時の陸軍主計木村茂氏の筆によって「誠之館址」を書かれています。

誠之館人物誌 「木村茂」 福山誠之館同窓会会長(初代)、陸軍中将

図書館があったり、公園で子どもたちが遊んでいたりする場所ですが、こういう歴史の一コマがあったんですね。

まとめ

福山の中心部を散歩しているとこういう歴史を感じられる場所を発見します。

街を歩く中で見つけた歴史的スポットについてはブログの中で紹介していきたいと思っています。

【福山城内】福山藩主阿部正弘像を見てきました!【老中首座】 | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)