セイバーメトリクスってなに?と思ったら『セイバーメトリクス入門』

savermetrics 書評

野球を客観的に分析するセイバーメトリクスについての入門書『セイバーメトリクス入門』を読みました。

セイバーメトリクスってなに?

日本野球界にもかなり浸透してきた“セイバーメトリクス”。

セイバーメトリクスとは、主観ではなくデータや統計を用いて客観的に野球を分析する手法のことです。

野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法

セイバーメトリクス – Wikipedia

特典への相関が高いと言われる「OPS」(出塁率+長打率)などが知られていますね。

でも、手法が手法だけに「難しそう」というイメージを持ちがちです。

セイバーメトリクスの入門書

そこで見つけてきたのが今回紹介する『セイバーメトリクス入門』です。

created by Rinker
水曜社
¥1,980 (2020/10/28 10:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

この本では、セイバーメトリクスの重要な考え方として、

  • 常識に縛られない
  • 客観的に分析する
  • 定量的に分析する

の3つが紹介されています。

たとえば、バントは有効な戦術なのか、全盛期の王貞治を敬遠すると?、得点期待値とは、などテーマごとに興味深い内容がまとまっています。

セイバーメトリクスといえば、RCFIPWARBABIPなどアルファベットが頻出しますが、この本でももちろん解説してあります。

MLBを見るときに横に置いておくのもいいですね。

ぼくがセイバーメトリクスに出会ったのは、『マネーボール』を読んだときですが、もちろん舞台はアメリカです。

本書は日本のプロ野球が取り上げられているので、親しみやすいという点からもおすすめです!

まとめ

セイバーメトリクスにおいて、データを分析するといっても、数字一辺倒になることではないということはこの本の最初に書かれています。

野球の面白い見方がひとつ増えた、という感じで捉えるといいと思います。

その点で、この本は入門に最適ですね。

最強の野球素人による野球理論『セイバーメトリクスの落とし穴』 | つぶログ書店

今回紹介した本

created by Rinker
水曜社
¥1,980 (2020/10/28 10:53:41時点 Amazon調べ-詳細)