元ネタってたいてい濃い!濃いからネタになる

robert johnson blues 音楽

ロックを聴いていると必然的にブルースを聴くようになります。

今も昔もブルースはロックの元ネタであり続けているからです。

ロックの元ネタ

ロックを聴く上で避けて通れないのはブルースからの影響です。

ローリング・ストーンズも元々はブルースのカバーを目的にしたバンドでした。

また、エリック・クラプトンやレッド・ツェッペリンをあげるまでもなくブルースはロックの“元ネタ”ということができるからです。

ぼくもそうでしたがロックを聴きはじめてブルースの存在を知り、雑誌や本を参考にいくつかブルースを聴いてみてあまり理解できないという経験をしたことがあるひともいるかもしれません。

史上最も影響力のあるブルース・ソング10曲

“原液”というべき音楽

というのもロックミュージシャンたちが60年代くらいに取り上げたブルースはロバート・ジョンソンだったり、マディ・ウォーターズだったり、ハウリン・ウルフだったりします。

彼らの音楽は圧倒的に“濃い”んですね。

もっとも彼ら自身は“濃く”するつもりではなく、よりルーツに近く自分自身の表現に真剣に取り組んだ結果だと思っています。

悪魔の音楽:ロバート・ジョンソンの伝説

濃いがゆえにいまでも元ネタになる

robert johnson blues
ロバート・ジョンソンのレコード

とはいえ、ロックミュージシャンたちによる聴きやすくアレンジされたバージョンしか知らない状態で“原液”をそのまま飲めば理解できないのはある意味当然。

ストーンズやクラプトンなどの若いころにはこういう音楽が“ヒップ”であり、“クール”だったんですよね。

そして濃いということが当時ですらちょっと昔の音楽だったのが、幾多のアレンジやカバーに耐えられた理由でしょう。

ツェッペリンのように露骨にパクったりする人もいましたが…。

ただ、ブルースの濃さはそのまま魅力につながっているのです。汲めども尽きない泉のようなものです。

まとめ

もともとブルースは黒人ミュージシャンたちがつらい状況や自分の人生を歌ったもの。

それがイギリスの若者の心を打ち、新しい命を与えられるというのは運命のいたずらのようで興味深いです。

音楽としてのひとつの到達点ではないかと思うほどです。