ロバート・Jr・ロックウッド・の日本でのライブ盤!「Blues Live In Japan」

robert lockwood jr アナログレコード

ロバート・Jr・ロックウッドのライブ盤!

絶賛ブルースにどハマリ中ということでぼくの持っているレコードのうち、ブルースの1枚を紹介します。

それが伝説のブルースギタリスト、ロバート・ジョンソンの義理の息子として知られ、腕利きのセッションギタリストとして名を馳せたロバート・ロックウッド・ジュニアのライブ盤「Blues Live !」です。

robert lockwood jr

先日紹介した『アナログレコードで聴くブルース名盤50選』でも世界に誇れるライブアルバムの1枚として紹介されています。

ブルース入門に最適!『アナログレコードで聴くブルース名盤50選』 | つぶログ書店

本盤は1974年に行われた今では伝説となっているブルースフェスティバルの一環として11月25日から30日に5回行われたライブのうち郵便貯金ホールでレコーディングされたもの。(29日はのぞく)

日本初のライブ・ブルースレコード!

ライナーノーツにも、

日本で初めてのブルース・フェスティバルで、われわれも初めてのライブ・ブルースのレコードを作ったわけだが、それにしては素晴らしい素材に恵まれ、国産第一号として、世界に誇れるだけのレコードができたことを感謝したい気持ちでいっぱいである。

日暮泰文氏による解説より

と書いてあるように制作陣としても納得の出来だったようですね。

robert jr lockwood back

▲裏ジャケットも雰囲気ありますね!

ブルース・ライブ!の詳細

Blues LiveのA面

  1. Sweet Home Chicago
  2. Going Down Slow
  3. Worried Life Blues
  4. Anna Lee
  5. One Room Country Shack

Blues LiveのB面

  1. Stormy Monday
  2. Feel All Right Again
  3. Honky Tonk (Instrumental)
  4. Mean Black Spider
  5. Little And Low

で構成されています。

このライブアルバムはジ・エイシズがバックをつとめましたが、ベテランであるロバート・Jr・ロックウッドと血気盛んなメンバーでどっちがソロを取るかのやり取りもあったとか。

アルバムを通して、ギターを弾きまくるというわけではなく、滋味豊かでグルーヴィーな演奏を繰り広げてくれます。

この時、御大ロバート・Jr・ロックウッドは59歳とのことですごく豊かで渋い演奏を聴かせてくれます。もちろんバックのエイシズも腕利き。

それでいて初心者お断り!のような感じではなく、スタンダード・ナンバーも含めて聴きやすいというのも嬉しいポイント。

Robert Jr. Lockwood* & The Aces – Blues Live! (1975, Vinyl) | Discogs

まとめ

このアルバムは恥ずかしながら、最初聴いたときにピンとこず自分のなかでのブルースブームが来て聴き返してハマってしまったというわけです。

なんといっても1曲めが「Sweet Home Chicago」ですからね!

まだ聴いたことがないという人にはすごくおすすめです!

ロバート・ジョンソン「コンプリート・レコーディングス・〜センテニアル・コレクション」 | つぶログ書店

人生何度目かのブルースブーム!名盤を聴き返しています。 | つぶログ書店

今回紹介したライブ盤