読書と歴史からブログを学ぶ

メモ

少し前まであまり読書が出来ていませんでした。しかし、ここ最近はにわかに読書熱が高まっています。それはブログを始めたことも大きな要因です。少しでもよい記事を書きたいと思うからです。この記事ではどんな学びをブログに生かすかを考えてみました。

読書からの学び

きょうからこの本を読み始めました。まだ最初の方ですので、感想を書くのは先になりそうですが、いろいろ気づきがあって面白いです。

ちょっと前まで、仕事で疲れて読書に身が入らない日々が続いていました。

ところが、ブログを書くようになってから疲れていても読書が楽しくなりました。

書評で本を紹介する機会が出来たことも大きいですが、アウトプットのためにはインプットをしなければと思ったことも大きいです。

最近は小説があまり読めていないのですが、先ほど書いた文章術の本などを中心に読んでいます。

ここで感じたのは読書は非常に効率のいい学びだということ。

よく言われることですが、著者の個人セミナーをわずか1500円ほどで読むことが出来るのです。

もちろん、それより高価な専門書はあります。

でも、取っ掛かりとしてたくさんの本を読むのはいいのではないでしょうか。ぼくは気に入っています。

歴史からの学び

きょうはこの漫画も読みました。

みなもと太郎先生の歴史漫画『風雲児たち幕末編』です。

この漫画、歴史漫画でありながら要所にギャグを散りばめた歴史ギャグ漫画でもあります。

行きつ戻りつの展開のため、まだ幕末の入り口といった感じですが、とても多くの情報量があり、楽しめます。

この漫画を読んでいて感じるのは、どうしてネットもない時代にこれだけダイナミックに歴史が動いたのかということです。

それは情熱を持った個人、組織による活動があったからですが、これってブログにも共通すると思いました。

文章を書き、人に伝え、共有する。人と会い、話をし、理解をする。

時代は変わっても、やる方法は案外同じだったりします。

ブログにどう生かすか

当時の人は、九州にすごい人がいると聞けば、実際に会いに行き話をしました。もちろん、ほとんどの場合歩きです。

福山には菅茶山(かんちゃざん)という偉人がいますが、備後にいた彼は一流の漢詩人として江戸でも知られていました。

文章を書き、ネットワークを作る。

この方法は現代でも有効だということが、なんとなくですが、わかってきました。

歴史を考えるのは大好きなので、学んだことをブログに生かすことができれば最高ですね。

まとめ

2冊の本から得た刺激を文章にしてみました。

求めている情報が自然と入ってくるというのは本当ですね。

そのため楽しく学べています。

今後も気づいたことなどをブログに書きたいと思います。

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

メモ