ビートルズらしさとは「ポール」なのか「Power To The Pop」

音楽

ビートルズのポップサイドに注目したコンピ盤を購入しました。

ビートルズっぽいというコンセプトのコンピ盤

先日購入したレコードコレクターズの記事に触発され、ビートルズの遺伝子を感じられる曲を集めたコンピ盤「Power To The Pop」を購入しました。

Power To The Pop

created by Rinker
¥3,300 (2020/03/30 15:43:18時点 Amazon調べ-詳細)
カバーでもない、コピーでもない。誰もが納得の超名曲から隠れた名曲までBeatleDNAを受け継ぐ楽曲の数々を世界中からレーベルを越えて集めた、すべてのポップ・ファンに贈る究極のCD。
引用:究極のBeatleDNAコンピ『Power To The Pop』発売決定! | ポップシーン:音楽を中心としたカルチャー情報を発信するウェブジン

ビートルズの曲をカバーしたトリビュート盤はたくさんありますが、このCDが面白いのはビートルズのポップな一面にフォーカスしていること。

つまり、カバー曲は一切なく「ビートルズっぽい」曲を集めた編集をしているという点。

ビートルズのパロディバンドであるラトルズあたりは確信犯ですが、それ以外にも10CC、トット・ラングレン、はてはオアシスまで。

個人的にはビートルズの覆面バンドなのでは?と一部で言われたKlaatuというバンドに出会えたのが大きかったです。

ビートルズらしさの「難しさ」

ビートルズは時期によって音楽性が全然違うので一言「これ!」という抜き出すのは難しかったりします。

アイドル時代なのか、中期なのか、サイケデリック期なのか、後期なのか。

このアルバムに付属している詳細な解説でもビートルズらしさを親しみやすいメロディーに隠された実験性と定義している部分があります。

ビートルズから「ビートルズらしさ」というエッセンスを抽出するならそれは「ポールマッカートニー」になるのかな?とこのCDを聴いて思いましたね〜。

もちろんジョンっぽい曲、ジョージっぽい曲もあるんですが、「ポップ」という面でビートルズをまとめるとそれは「ポール」になるのかもしれません。

ビートルズのポップさ=ポールなのかも?

というのもアルバムを通して聴いてみてこれは「RAMだ!」と感じましたからです。

IMG 4893

ポールマッカートニーのソロ代表作、「RAM」はポップロックの傑作なんですが、パクりとかではなく、このCDを聴いたあとの気持ちがそっくりなんですよ。

「RAM」が好きな人には絶対的におすすめできるCDであることは間違いないですね。

まとめ

このCDはビートルズファンでなくてもとても素晴らしいポップロックのコンピ盤として楽しめるのでとてもおすすめです。

そして、ビートルズを深く知れば知るほど楽しめる度合いが増していくアルバムでもあります。

レコードコレクターズと合わせて楽しんでください!

久しぶりにレコード・コレクターズを購入!「ビートルズの遺伝子」特集がいい! | つぶログ書店

今回紹介したCD

created by Rinker
¥3,300 (2020/03/29 23:41:34時点 Amazon調べ-詳細)