ネットで古本を買うときに状態が気になってしまう…

本・読書に関すること

最近ネットで古本を買うようになってその状態が気になるようになりました。

古本の状態が気になる…

最近戦前期の日本について調べています。

そこでいろいろ入門用の本を手に取ります。

その中で良さそうな本、参考文献にあげられていた本、おすすめの本などを読みたくなるわけです。

資料集のようなもの、十数冊にもなる記録など個人で入手しにくいものはひとまず置くとして、ごく最近の本でも中古でしか手に入らないものが結構あります。

中古で本を買う先としては、Amazon、メルカリ、ヤフオク、日本の古本屋などがありますよね。

中古なので新品の本のようにきれいでないのはいいのですが、特にAmazonだと状態がわかりにくいものがあり買うのをためらってしまいます。

その点、メルカリなどでは商品の状態が写真で確認できるのでいいですね。

プレミアがつくくらい貴重な本や掘り出し物なら状態も気にせず買うということもあるんですが、手元に置いておきたい本については状態が気になります。

メルカリで本を買う時はちょっとくらい高くてもいい状態のものを選びますからね。

まとめ

我ながら細かいことを気にするな〜と思います。

でも、どうせ買うならいい状態の本がいいですからね。

ずっと手元に置いておきたい、何度も参照したい本ならなおさら。

ほどほどに気にしつつ、いろいろ集めていきたいですね。

スマホの時代だからこそ、時間をかけて本で調べる情報の価値が上がっている! | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)