エリック・クラプトン「461 Ocean Bluebird」SAL74シリーズ盤

461 Ocean Bluebird SAL74 アナログレコード

エリック・クラプトンのソロアルバム「461 Ocean Bluebird」のSAL74 System Sound Revolutionシリーズ盤を買ってきました。

クラプトンのソロ名盤を入手!

2020年のレコード初めということで、福山市の邂逅レコードで買い物をしてきたんですが、そこでエリック・クラプトンの「461 Ocean Bluebird」を買ってきました。

2020年レコード初め!邂逅レコードに行ってきました!【2020/01/03】 | つぶログ書店

461 Ocean Bluebird

スタジオアルバムとしてはドミノス名義の「いとしのレイラ」以来4年ぶりの作品で全米1位に輝き、クラプトン復活を印象づけたアルバムです。

ボブ・マーリーのカバー「I Shot The Sheriff」はロックスターによる初期のレゲエヒットとして有名ですね。

私生活ではアルコール中毒になるなど、苦難の時期ではありましたが…。

ちなみにこのアルバムをリリースした74年10月にはじめて来日してライブを行っています。

created by Rinker
ユニバーサル
¥3,672 (2020/07/08 09:16:42時点 Amazon調べ-詳細)

SAL74 System Sound Revolutionについて

461 Ocean Bluebird SAL

このアルバムは当時ポリドールが導入していたSAL74という最新のカッティングマシンを使用しているとのことで、帯にも大々的に表示してあります。

こちらがSAL74についての説明です。

ドイツ・ノイマン社製SAL-74/SX-74・トータル・カッティング・システムは、これまでより3倍力強い音と、人間の可聴限界を超える7〜25,000ヘルツの音を刻む能力を持った装置(中略)

どのような大きな音でも崩れることなく、どのような繊細な音でも損なう事なく、音楽のすみずみまでお聞きいただけます。

このアルバムはUSの再発盤を持っていますが、たしかに比べると低音が出ていていい音がします。

特にベースの音が太くていいですね!

「I Shot The Sheriff」「I Can’t Hold Out」「Let It Grow」あたりが最高です!

アルバムの詳細

A面

461 Ocean Bluebird A side

SAL74のマシンを使っているだけで原盤は輸入していないようです。

ランアウトには「〄MW-2098A」「A-2-18」「E7」との刻印があります。

  1. Motherless Children
  2. Give Me Strength
  3. Willie And The Hand Jive
  4. Get Ready
  5. I Shot The Sheriff (Bob Marley)

B面

461 Ocean Bluebird B side

B面の刻印は「MW2098B」「A-3-17」との刻印。

  1. I Can’t Hold Out
  2. Please Be With Me
  3. Let It Grow
  4. Steady Rollin’ Man (Robert Johnson)
  5. Mainline Florida

Eric Clapton – 461 Ocean Boulevard (1974, Vinyl) | Discogs

おまけ

ライナーとともに付属していた当時の「ポリドールロック・ベストアルバム40」という販促チラシも面白いです。リンゴが入っているのがいいですね!

まとめ

聴けば聴くほどいいアルバムですね、まさに名盤!いい音で聴くとより一層響きます。

現在のクラプトンにもつながるアルバム。

CDや各種ストリーミング配信でも聴けるのでぜひ、聴いてみてください!

クラプトンを救ったのはギターと音楽だった「12小節の人生」 | つぶログ書店

購入した「いとしのレイラ」US盤について調べてみた! | つぶログ書店

今回紹介したアルバム