体質改善のための新方針!少しづつ変化していく

健康

今年の夏は結構体調不良に悩まされたので、時間をかけて体質改善に取り組むことにしました。

健康のための新しい取り組みをすること

今年(2019年)の夏はいつもにも増して、健康上の問題に直面する期間となりました。

もともとアトピー持ちで、汗をかきかゆみが出る夏は得意ではなかったのですが今年はさまざまな問題が一気に出た年でした。

年を取ったということかもしれませんが、逆に趣味に仕事にさらにアグレッシブに活動していきたいと思っているので、生活を見直す機会になったと前向きに捉えています。

という訳で1年くらい時間をかけて体質改善に取り組みたいと思います。

何となく考えてみた健康への新方針を書いておきたいと思います。

きちんと睡眠を取る

今年から睡眠改善に取り組んでいますが、ここ最近は停滞している感じがあり「長く深い」睡眠が取れなくなっています。

先日YouTubeで勝間和代さんの動画を見たら「睡眠時間は7~8時間」ということをデータに基づいて説明されていて身に染みしまた。

もう一度仕切り直して、最低6時間、そして最終的には7~8時間の眠りを目指します。

運動をする(ストレッチを含む)

今ぼくに不足気味なのがなんといっても「運動」です。

もちろん睡眠も不足しているのですが、きっちり体を動かすことで眠りも深くなります。

そして、体の柔軟性が低下している感じがあるのでストレッチも合間の時間でやって行きます。

『すごいストレッチ』を読んで体を目覚めさせたい! | つぶログ書店

筋トレをする

この夏くらいは体調があまり良くなかったので特に筋トレがおっくうでした。

その結果としてすぐに疲れる体ができあがってしまったというわけです。

体力=筋力、とよく聞きますし、ひとまず始めてみようと思います。

このままでは易きに流れるだけになってしまうので、それに楔を打ち込む1歩にしたいです。

不足している栄養を摂る

体質改善をする、ダイエットを継続するといってもただ食べる量を減らすことはしません。

特に最近、甘いものやスナック菓子を無性に食べたくなることが増えているんですが、これも栄養の偏りのせいだとか。

見かけ上のカロリーは足りていても、ミネラルやたんぱく質などが不足していると体は「食べたい!」というサインを出すそうなんです。

でも、「たんぱく質がほしい」とはならないので手近にあるスナック菓子を食べてしまうということみたいです。

特に意図して取らないと不足気味になるのが「油」みたいです。

▲ということで、亜麻仁油とバターコーヒーを作るためのココナッツギーというものを買ってみました。

ほどよく真面目に突き詰め過ぎす

ここまでいろいろ書いてきましたが、性格的にこれだけのことを一気にやろうとするとパンクして体質改善をやめてしまいそうです。

全部を習慣化させることができれば最高ですが、焦らず1年くらいかける気持ちでのんびりと、かつ少しずつ取り組んでいきます。

あまりにも突き詰めるとストレスがたまってしまいますからね。

ほどよくブレンドして自分流にアレンジする感じですね。

まとめ

ぼくの場合健康のことはどうしても目先のことにとらわれてしまいがちです。

これからはなにが必要なのかを調べて、長期的に取り組んでいきます。

あわせて読みたい(スポンサーリンク)