マイナンバーカードを発行してマイナポイントを使ってみた!

mynumber point card ライフログ

いま話題となっているマイナポイント。

マイナンバーカードを持っていなかったのですが、この機会に作ってポイントをゲットしてきました。

マイナンバーカードを発行

最近よく聞くマイナポイント

最大5000円分のポイントがもらえるということで手続きをしました。

マイナポイント申込時にお選びいただいた決済サービスを使い、9月以降にチャージやお買い物を行うと、

選んだサービスのポイントがもらえます。もらえるポイントはチャージやお買い物の金額の25%!(上限は5,000円分)

マイナポイントとは? | マイナポイント事業

まずはマイナンバーカードが必要ということで先日申請をして、交付通知書が届いたので市役所に行ってカードを発行してきました。

福山市役所で発行!

▲というわけで福山市役所にやってきました。

こちらが通知書です。印鑑を押して持っていきました。

交付期限がありましたが、新型コロナウィルスのためその期間を過ぎても受け取りができるという案内が同封されていました。

発行には発行通知書(上の写真のはがき)、マイナンバーカード通知カード、本人確認書類が必要でした。

通知カードはマイナンバーカードを発行したあとに回収されました。

あとは暗証番号とパスワード(英数6文字から16文字)も決めて記入しました。

というわけで無事マイナンバーカードを発行してもらうことができました。

マイナポイント手続きできた!

マイナンバーカードが発行できたのでマイナポイントのアプリから手続きを行いました。

マイナポイントのサービスは一番良く使うPayPayを選びました。

獲得できるポイントはチャージごとにすぐもらうことができるものと、買い物ごとに後日付与できる2つから選べました。

PayPayのアプリでもおすすめされていたすぐに獲得できる方を選びました。

買い物する用事があったので3000円PayPayにチャージしましたが、即座に25パーセントにあたる750円が獲得できました!

最大5000円までポイントをゲットできるのは嬉しいですね。

まとめ

ぼくの場合、マイナンバーカードを発行していなかったので時間がかかりましたがマイナポイント自体はアプリですぐに手続きできて今日から使えました。

マイナポイントをもらうのにも時間がかかると思っていましたが、この点は予想外でしたね。

PayPayは毎日の買い物などいろいろ使うので5000円分ポイントをもらえるのは本当にありがたいです!

給付金を使ってサイクルベースあさひで普段用自転車を購入! | つぶログ書店