自分の人生をいかに「自分ごと」にするか

自分の人生 myself 考えたこと

生きていく上でどういうスタンスでいるか、それについての悩みは尽きません。

人生とどのように向き合うべきか

結構いい年になりながらも、いい感じに年を重ねられていないことが悩みです。
というのも、ついつい「どうせ自分なんか」という気持ちになってしまうからなんですね。

どうしてそうなるかといったらその方が圧倒的に楽だからです。

ただ楽だからといってそれが自分の成長のためになっているかはまた別の話です。多くの場合は逆になっていることが多いでしょう。

人生で直面するすべての出来事をすべて真正面から受け止める必要はありません。

ただ、毎回毎回自分を下げて傷つかないように予防線を張っていても成長は見込めません。

ぼくはせっかく生きているのだから少しでもいい自分になりたいと思っています。

どの出来事を避けてもよくて、どの出来事と向き合うべきか正解はありません。
そのため自分で経験したり、優れた本などから自分で学ぶしかありあせん。

まとめ

「人生は一度きり」とよくいいますが、自分のことだけはトライ・アンド・エラーでやっていくしかありません。

その中で自分がやりやすい方法を見つけていけたらと思っています。