頭の中を書き出してみることは結構いい方法だと思う。

onomichi share 考えたこと

最近メモの頻度を増やしてからアイデアが出やすくなったと感じています。

考えていることをメモするというのは効果があるということを評価されていますし、ブロガーとしても役立つ手法です。

自分の頭の中を書き出す時間

ぼくはこのブログで毎日記事を書いていて、メルマガも配信しています。

最近はTodoを再びTodoistで管理するようになり、結構頭の中を書き出していることが多いように思います。

頭の中に思い浮かんでいることを紙やノートに書き出すことは、たとえばストレスの解消などにも用いられる手法です。

ここのところ、ブログネタをメモするハードルをどんどん低くしていて、どうでもいいような思いつきをメモしていたりします。

書き出す、と一旦決めてどんどんストックされていくと書くということに対するハードルが下がっていって、どんどん頭の中を「見える化」するのはいい効果が見込めます。

ただ、この部分はやるだけなら自己流でできてしまうためオリジナルのやり方をしがちです。

それは悪いことではないのですが、自分が目標としている人などのやり方を参考に取り入れていくことでどんどん効率がよくなります。

まとめ

個人的には自分だけで考えているとどうしても思考が堂々巡りになってしまい、結果として行動するのが遅くなりがちでした。

そこを一旦自分の脳内から吐き出すことで、脳のワーキングメモリの負担を減らせるのではないかと思います。

年末年始には自分の頭の中を書き出す時間をつくってもいいかもしれませんね。

なんでもメモするしたり、ログを取ることで変化に気づきやすくなる。