自分史上最高の邦楽名盤を選んでみた!

jpop Masterpiece 音楽

普段は洋楽ばかり聴きますが、今回は日本ポップミュージック史上最高の名盤だと思うアルバムを10枚選んでみました。

Sugar Babe/Songs

山下達郎、大貫妙子、大滝詠一などが参加したバンド、シュガーベイブ唯一のアルバムです。

現在では、名盤ランキングで1位になることもありますが、当時はあまり売れなかったとか。

ただ、現代の耳で聴き返してみると、いまの時代にのちの“J-POP”の芽が育っていることがわかるはずです。

この40周年記念盤にはオリジナルのリマスターと、山下達郎によるリミックスがカップリングされています。

そして、ボーナストラックに収録されたライブ音源のグルーブ感が最高です。

日本ポップミュージック最高の名盤Sugar Babe「SONGS」 | つぶログ書店

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
¥2,775 (2020/09/24 02:47:20時点 Amazon調べ-詳細)

山下達郎/Opus

ベスト盤だけど、シンプルにいい曲がたくさん入っているという点で紛れもなく名盤。

海外のランキングでは結構ベスト盤も入っている気がしますが、邦楽系のランキングでは意外と見かけない気がします。

山下達郎は自分でミックスも行えて、レコーディングの工程にも精通しているので1曲に対する作り込みがすごいです。

そんな達郎サウンドを楽しむにはある意味ベストが最適なのかも。

山下達郎は自身で詳細なライナーを書くなど、音楽への愛がすごいですね。

ラジオ番組「サンデーソングブック」における圧倒的な知識量とマニアぶりからもそれは裏付けられるのではないでしょうか。

オリジナルアルバムでは、「Spacy」「Ride On Time」が好きですね。

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
¥3,344 (2020/09/24 02:47:21時点 Amazon調べ-詳細)

住所不定無職/Gold Future,Basic,

初期はシンプルなガレージロックというか、少年ナイフというか、そんな感じだったのがこのアルバムから急激に変化し、ファットなサウンドに変化。

シンプルに素晴らしい、ただそれだけ。

圧倒的に素晴らしい楽曲と作り込み、そしてスパイスとしての悪ふざけ。

これ以上何が必要?

created by Rinker
¥1,800 (2020/09/23 10:37:24時点 Amazon調べ-詳細)

毛皮のマリーズ/毛皮のマリーズ

「ボニーとクライドは今夜も夢中」に一発でヤラれてしまったハマったアルバム。

その後のアルバムはぼくの好みと方向性が合わなくなったので、熱心に追いかけはなくなったのですがこれは紛れもなく傑作です。

ここまでロックバンド然としたアルバムは意外と少ないのでは。

「すてきなモリー」におけるボーカル志摩遼平のクセが強すぎるコーラスがツボです。

created by Rinker
日本コロムビア
¥2,500 (2020/09/23 16:53:09時点 Amazon調べ-詳細)

荒井由実/ひこうき雲

荒井由実/松任谷由実の熱心なファンではないけれど、デビュー作である本作のイントロを聴いた脱帽せざるを得ない。ボーカルも超好み。

ジブリ映画「風立ちぬ」における内容と楽曲のぴったり具合にも驚かされました。

女性アーティストによる名盤はたくさんありますが、これはその中でも相当上位なのでは?と思います。

created by Rinker
¥1,700 (2020/09/24 09:24:50時点 Amazon調べ-詳細)

村八分/ライブ

日本ロック史に残る伝説のバンド。

勢いのまま突っ走るパンキッシュなサウンドがすさまじい。

このCDは以前なにかのタイミングで買っていたのですが、たぶんその当時はハマらず眠っていました。

それがCD整理のタイミングで再発見し、聴いてみたところ、まさに今の好みにぴったりでハマったわけです。

「日本にもこんなバンドがいたんだ!」という素直な驚きがありましたね。

created by Rinker
Good Lovin
¥2,176 (2020/09/24 02:47:22時点 Amazon調べ-詳細)

細野晴臣/Hosono House

このアルバムを聴いたのはYouTubeで、矢野顕子と細野晴臣が共演した「終わりの季節」の動画を見たからです。

いい曲!と思い、どのアルバムに入っているのだろうと探して購入したという次第。

細野晴臣の自宅でレコーディングされた、いい意味で力の抜けたポップなサウンドを楽しめます。

宅録ポップの名盤ですね。

created by Rinker
¥2,489 (2020/09/23 16:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

大滝詠一 /A Long Vacation

職場の人に教えてもらった名盤です。

なんといっても「君は天然色」が最高ですが、それ以外にも名曲が揃っています。

ぼくは古いものを追いかけるのが好きなので、日本のポップミュージックでも古いものを聴いています。

下に紹介するはっぴいえんどもそうですが、当時若手だったレジェンドたちが相互にセッションに参加したりしていて時代を作っていったことがわかります。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント
¥2,361 (2020/09/23 10:37:25時点 Amazon調べ-詳細)

はっぴいえんど/はっぴいえんど(ゆでめん)

これも伝説のバンド、はっぴいえんど(細野晴臣、松本隆、鈴木茂、大滝詠一が参加)のファーストアルバム。

名盤ランキングなどではセカンドの「風街ろまん」の方が上位になることがほとんどです。

ぼくは一曲目の「春よ来い」にやられてしまったこと、名盤然としたジャケットがツボだったことから、このファーストのほうが好きですね。

ちなみに、このアルバムはセルフタイトルですが、ジャケットに写る看板から通称「ゆでめん」と呼ばれます。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,411 (2020/09/23 10:37:26時点 Amazon調べ-詳細)

Glim Spanky/Looking For The Music

このアルバムは、今回紹介するアルバムの中で一番最近に出会ったものです。

ブルースロックやガレージロックをベースに、現代的なサウンドが楽しめます。

録音もいいし、シンプルなロックでありながら、現代のバンドらしく1曲のなかにいろいろな要素が詰め込まれていて飽きさせません。

このアルバムで出会ったのですが、ほかのアルバムも追いかけてみます。

ロック愛に溢れる名盤!: Glim Spanky「Looking For The Magic」 | つぶログ書店

created by Rinker
¥2,523 (2020/09/23 16:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ぼくはずっと洋楽ロックばかり聴いてきたので、日本ポップミュージック自体そこまで数を聴いているわけではありません。

もちろん、日本にはたくさんの素晴らしいアーティスト、アルバムがあります。

過去の名盤も含めてどんな音楽と出会えるのか楽しみです。

#私を構成する9枚 【音楽】 | つぶログ書店