My Favorite 10 Oasis Songs

ノエル・ギャラガー

スポンサーリンク



昨日のGeorge Harrisonに続き、今回は大好きなバンドOasisの個人的に好きな曲を特集したいと思います。個人的にはロック史上のどのバンドよりもぼくの人生を変えてしまったOasis。そのポジティブで前向きなメッセージに魅了されてしまったのでした。2015年にギャラガー兄弟の兄、ノエル・ギャラガーのライブを広島で見ることができたのはいい思い出です。

この記事を書こうと思ったきっかけ

この記事を書こうと思ったのはTwitter上でのヒロさんとのやり取りがきっかけでした。

このやり取りでOasisを愛する気持ちがにわかに復活して記事を書きたくなったのでした。

Oasisの好きな10曲

  1. Don’t Look Back In Anger
  2. 2ndから。Oasisの歴史上はずせない名曲。歌詞もOasisのらしいポジティブなもの。

  3. Half The World Away
  4. A面曲でなくても名曲がたくさんあるのが、OasisのOasisたる所以。この曲ベスト盤ツアーなどで歌われた。今後のライブで聴いてみたい(ノエルのソロでも)

  5. Acquiesce
  6. 兄弟でヴォーカルを取る非常に珍しい曲。ツアーでも一曲目に歌われたりとB面の曲ながらファンに人気の曲。

  7. The Importance of Being Idle
  8. ノエル・ギャラガーが文句なしのクラシックという自信の一曲。怠惰な生活を歌う曲だがひょっとして実体験か。水戸黄門風イントロも一部で話題に。

  9. Falling Down
  10. Dig Out Your Soulからのシングル。ノエルヴォーカル。当時ノエルが凝っていたサウンド。もちろん、日本ツアーでも歌われ、Mステ出演時もテレ朝社屋で歌われた。

  11. SuperSonic
  12. デビュー曲。Oasisの決意表明とも言える一曲。一気に書き上げ、ミックスもラフなままで直していないとのこと。ノエルいわくミラクルが起きた一夜とのこと。

  13. Little James
  14. バンドで初めて、リアム・ギャラガーが作曲した。当時の恋人の連れていた子どもへの愛を歌った曲。リアム・ギャラガーの最初の曲が子どもへの愛を歌ったものになるとは興味深い。何気に泣ける曲。

  15. Fade Away
  16. 2015年のノエル・ギャラガーのライブで聴いて一気に好きになった曲。その時はアコースティックなアレンジだった。歌詞は結構キツいことも歌っている。

  17. The Shock of the Lightning
  18. これもDig Out Your Soulからのシングル。バンド後期の象徴的な曲。疾走感のあるメロディが印象的。

  19. She’s Electric
  20. 彼女みたいにエレクトリックになりたいと歌う非常にユーモラスな歌詞。ライブで歌うことはめったになかったがソロも含めて今後に期待したい。

まとめ

この10曲を絞り込むのは非常に難しかったですね。

当たり前ながらこの10曲以上に名曲は山ほどあるので。例えばLive Foreverも入っていません。

これは完全に気分です。記事を書いた時の感覚です。

この記事を書きながら改めてOasisを聴き直してみて、すごいバンドだなと思いました。

もし、Oasisを聴いたことがない方がおられたら、この中で1曲でもいいので聴いて欲しいです。

バンドは解散していますが、復活を、そして日本ツアーを祈願したいと思います。

ありがとうございました!

関連コンテンツ(広告あり)



ノエル・ギャラガー

ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。