自分の中のオールタイムベスト:OASIS「(What’s The Story) Morning Glory」

oasis Morning Glory 音楽

音楽を聴くのが趣味のぼくにとって、欠かせないオールタイムベスト級の名盤を紹介します。

自分史上オールタイムベスト級の名盤

音楽を聴くのが趣味の人には、自分の中で名盤というものがきっとあると思います。

ぼくの場合は、特別な存在のアルバムがイギリスのバンド、OASISの「Morning Glory」です。

全世界で2000万枚以上売れた90年代のみならず、ロックを代表する名盤です。

このアルバムのなにが特別かというと、ビートルズなどからロックを聴くようになったぼくにとって唯一のリアルタイムで活動しているバンドがオアシスだったからです。

ボーカリストのリアム、ギターでソングライターのノエル・ギャラガーの兄弟ともキャリアにおけるひとつのピークに達していた、才能とタイミングにも恵まれた作品です。

特にノエル・ギャラガーは、アルバムのみならずシングルでもA面、B面とも名曲を量産し、長い活動歴のなかでもここしかない!という密度で曲を作っていました。

「Wonderwall」や「Don’t Look Back In Anger」などの一世一代の名曲は欠かせません。

それに加え、「Roll With It」「Some Might Say」などロックチューン、「Cast No Shadow」「She’s Electric」「Champagne Supernova」まで捨て曲なしです。

まとめ

オアシスのアルバムはどれも好きですが、「Morning Glory」だけはいつ聴いても心が躍る別格の存在です。

シンプルにいい曲だけで作られたアルバムで、コンセプトアルバムではないですが一気に聴けてしまいます。

まだ聴いたことがない方はぜひ聴いてみてください!

ファン歴10年のリスナーがオススメするOasisの曲10選! | つぶログ書店

今回紹介したアルバム

created by Rinker
Big Brother
¥2,380 (2020/07/15 10:07:00時点 Amazon調べ-詳細)