私つぶあんが2月に読んでよかった本、ベスト3を紹介します。

葛西選手の本ベスト 書評

今年から始めた毎月読んでよかった本ベスト3の記事です。

2月に読んだ本ベスト3

対象は毎月ブログ「坂本、脱藩中」のさかもとみきさんとのコラボ書評で取り上げた本をのぞいた、私つぶあんの読んだ本です。

私は休みの日には図書館に行くことも多く、先月は瀬戸内市の瀬戸内市立図書館にも行ったので割とパラパラと本を読んだ印象。Kindleでも買っています。

Kindleでは知識を定着させるために1回読んだ本を見直したり、翻訳本を読んだりしています。

というわけで2月に読了した本は10冊。

読んだ本

(読書の管理にはメディアマーカーを愛用中)

では、見ていきましょう。

これが本当の「忠臣蔵」

まずは小学館101新書の『これが本当の「忠臣蔵」』です!

山本博文さんは私の好きな著者のかたで東大史料編纂所にお勤め(教授)です。一般向けのわかりやすい歴史本をたくさん書かれているのでよく読みます。

この本は山本さんの著作ということもあり、ジャケ買いならぬ著者買いです。

で、いざ読み始めてみるとむちゃくちゃ面白かったです。

そもそも忠臣蔵といえば日本人なら誰でも知っているというくらい有名なお話。

赤穂義士が主君の仇を討ったという物語とは別に歴史上の事件としては「赤穂事件」といいます。

この「赤穂事件」について一次史料をもとにしながら解き明かしていくという本です。

史料が豊富に使われているので、慣れないと読みにくいですが、どのように討ち入りにいったかをたどれるので推理小説を読んでいるかのような面白さです。

考えてみれば当たり前ですが、江戸時代の武士の考え方は現代とまったく違います。

このあたりを知ることができるのでいい本です。

「一分」とは、「面目」というのと同じような意味で、武士としての誇りを傷つけられたときに譲れない一線、というようなことである。

10倍速く書ける 超スピード文章術

次は『10倍速く書ける 超スピード文章術』です!

この本はKindleで何度も読んだ本。気に入りすぎて紙の本も買ってしまいました。

文章を書く上でのノウハウがこれでもかと詰まった良書です。

一番心に残ったのは「素材」ということ。

私は本書において、この「文章の中身」を「素材」と呼んでいます。 文章を書くスピードを格段に速くするたった1つの秘訣は、この「素材」を意識することです

この「素材」をちゃんと用意すれば文章を格段に楽に書くことが可能になります。

逆にパソコンなどの前に座ってから素材を集めようとすると、文章を書き上げるまでにとても時間がかかります。

私はこの失敗をよくしていました。

私が最近メモに凝っているのもこの本の影響。新聞記者の人さえ素材がなければ書くのに苦労すると知って、とにかく「素材を集める」ということを意識してメモをくり返しています。

十分な素材があれば、余計なことはしなくていい。 素材があれば、長い文章でも迷わず速く書けるということです。

ブログを書いている関係で文章術に関する本は割と読みましたが、この本はその中でもトップクラスにお気に入り。

著者はメモにiPhoneのメールの下書きを使っているとか、実際の例を出しながら説明されているのでわかりやすいです。

プロの著者の凄みを感じられる1冊です。

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

次はレジェンド、葛西選手の『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』です。

平昌オリンピックにも出場した言わずと知れたスキージャンプの葛西紀明選手。

40歳を超えて現役を続けるだけではなく、第一線で活躍する、まさにレジェンド

葛西選手のことは、もちろん知っていたものの本は読んだこともなく、普通にファンとして応援しているだけ。

この本はFacebookか、Twitterでおすすめされているのを見かけて読んでみようと思いました。

実際に読んでみるとヒット!

私は葛西選手よりは若いですが、そろそろ健康も気になり出す年。

30代半ばを過ぎたら、「年齢に見合った方法」を実践する必要があるのです。

人間の一番の基本となる「姿勢」からランニングの効果、理想の体型、メンタルの持ち方までわかりやすい文章で書いてあるのでとても読みやすいです。

ランニングは1日10分、初めはもっと短くてもよくて、毎日する必要がない。

でも、メンタルにも疲労に回復にも効果がある。

レジェンド葛西選手も長時間の移動だけはぐったり疲れるそうです。

そんなときはホテルに着いたら軽くランニングをするそう。

読書には実践が欠かせないとよく言われますが、この本は特に実践したくなる内容でした。

本にある「疲れない体」を目指してがんばります。

まとめ

今月は割と読書のペースが落ち着かず時間が取りにくかったですが、最後の追い込みで10冊読了できました。

割と疲れやすいタイプだったので、葛西選手の本はすぐにでも試そうと思っています。

読書はレジェンドの「究極のメソッド」を手軽に知ることができるので、本当にお得だと思います。それに楽しいですしね。

3月もどんどんと読んでいきたいと思っています!

関連コンテンツ(広告あり)