音楽好きにとってはAmazonは使いにくいのかも

ビートルズのアルバム 音楽

音楽ソフトをこだわって探しているとAmazonの使いにくさを感じるようになりました。

なんとか改善する方向に行ってほしいのですが…。

Amazonに改善を求めたいこと

ぼくは音楽を聴くのが趣味で、特にロックが好きです。

配信の時代になっても、マニアとしてはディスク(フィジカル)でも好きなアルバムを持っておきたいとネット通販を利用することがあります。

最近感じるのはAmazonの使いにくさ。

たとえば、ビートルズの「ラバーソウル」というアルバムを見てみましょう。

RUBBER SOUL amazon

これのなにが問題かというとカタログ上は別なナンバーが付与されているCDがタイトルが同じだからと一ヶ所にまとめられているという点です。

つまり、90年代後半に出た旧盤も、2009年のリマスターCDも、その後のSHM-CDも、輸入盤も選べるとはいえ、ひとまとめです。(内容が違うものも!)

音楽マニアとしては、この年に出たこのCDにしか入っていないバージョンがあるということがよくありますが、そこまでたどり着いて確認するだけでもひと手間です。

これって買い物しにくくないですか?

マニアはひとまず置いておくとして、これからアルバムを買おうとする人にとってはものすごく買いにくいと思うのですが、どうでしょう。

Amazonのこういった事情をわかっている人でも、はたして自分の買おうとしているものが買えているのかほとんど確認する手段はありません。

もっと悪いのはカスタマーレビューも同じ状態で、タイトルが同じならCDも、MP3も、デラックス・エディションも、レコードも同じものにぶらさがっているのです。

そもそも音楽の場合、Amazonのカスタマーレビューはアルバムの歴史的意義を評価している人と純粋に製品としての完成度を書いている人がいるので余計にわかりにくいです。

まとめ

今回指摘させてもらった件については、膨大な数の商品を管理し、販売しているAmazonにとっては仕方のない面もあります。

CDなどが再発されるたびに分割してページをつくっていたら余計煩雑になるのかもしれません。

やっぱりこだわる人にとっては専門店や実店舗のほうが合っているのかもしれません。