本当に好きなアルバムは【盤】で持っておいた方がいいと思ったり。

music disc Favorite 音楽

音楽を聴く手段について最近いろいろ考えています。

自分が本当に好きな音楽

最近SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスで音楽を聴くことが増えてきたと思っています。

ぼくが使っているのはSpotifyですが、本当に便利で音楽を聴くのに欠かせないツールになっています。

でも、ぼくがCD全盛時代に青春時代を過ごしたのとは別な意味で、本当に好きな音楽は【盤】でも持っていたほうがいいと思っています。

ここでいう【盤】とは、CDであったり、レコードであったり。

というのも、利用するストリーミングサービスによっては入っているアーティスト、アルバムが異なります。

そもそもJ-POPのようにあまりストリーミング配信に熱心ではないということもあります。

音楽マニアだと、同じアルバムでも○○年リマスターがいい、このCDの音がいいという話をしたことがあると思います。

でも、ストリーミングで聴けるのは基本的に1種類。

またすぐにカタログから消えた編集盤なども聴けなかったりします。(その分なんでこれが、というマニアックなものを聴けたりしますが)

もちろん、収納場所には限りがあるし、気軽さという意味ではストリーミングが圧倒的に便利です。

自分のなかで消えたら困るというアルバム、曲は【盤】という形で持っていたらいいのかもしれません。

まとめ

アナログレコードやカセットテープがリバイバルしているように、“なにで聴くか”ということも、音楽を聴くという体験の中で結構重要だと思います。

レコード会社もビジネスなので、その時々の契約・条件によって、提供するカタログも変えるということもあります。

ライナーを見ながら音楽を聴くのも結構楽しいものです。

“あえて”今、レコードで音楽を聴くという楽しみ | つぶログ書店