マイルス・デイヴィス「クッキン」のUHQCDが高音質!

miles UHQCD 音楽

たまたまマイルス・デイヴィスの「クッキン」のCDを買ってみたところ、ジャズにハマりつつあります。

最近ジャズにハマりつつある

最近ジャズにハマりつつあります。

というのも先月CDプレイヤーを新調したので、せっかくだからいい音のものを聴こうとジャズのCDを買ってみたのがきっかけです。

ジャズはこれまでも聴いていなかったわけではないですが、そこまで熱心なファンではありませんでした。

しかし、ぼくは一旦ハマればズブズブといってしまうタイプなので久しぶりにジャズにハマっているわけです。

CDプレーヤーを新調しました!【DENON】 | つぶログ書店

「クッキン」でジャズに再入門!

最近買ってみてよかったのはマイルス・デイヴィス「クッキン」。

created by Rinker
ユニバーサル
¥1,515 (2020/01/27 21:54:44時点 Amazon調べ-詳細)

1956年の有名なマラソン・セッション4部作の中で、最も高い人気を誇るアルバム。美しいミュート・プレイが冴える愛奏曲<マイ・ファニー・ヴァレンタイン>の初演を記録。他にもこの時期の帝王マイルス・デイヴィスの充実ぶりを裏付ける屈指の名演が続く。

クッキン [UHQCD][CD] – マイルス・デイヴィス・クインテット – UNIVERSAL MUSIC JAPAN

久しぶりのジャズだからマイルスで、しかも初期のを、と思うくらいで軽い気持ちで買ってみたのですが、これがものすごく良かったです!

内容は今さら説明不要なくらいよく知られた名盤中の名盤で「マイ・ファニー・バレンタイン」などの名演で知られています。

UHQCDがすごい!

このCD、Ultimate High Quality CD(UHQCD)という通常のCDプレイヤーで再生可能な高音質CDの決定版とのことですごく音がいいんですね。

miles UHQCD

このCDを買うまでUHQCDの存在自体を知らなかったのですが、ここまで音がいいことにびっくり。SACDみたいに専用のプレイヤーを使うわけでもないのにです。

マイルスのトランペットはもちろん、フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムのシンバルの音、ポール・チェンバースのベースのアタックの音など空間の音まで聴こえるような気さえします。

もともとこれくらい音がよかったのかもしれませんが、じっくり聴き込むのははじめてなのでびっくりしました。

アルバム収録時間が短く聴きやすいので、買ってからは毎日聴いています。

まとめ

これまでマイルス・デイヴィスは電化マイルスと呼ばれるロックやファンクの影響を受けた時期しか聴いていませんでした。

でも、こういういい音のCDを聴いてみて改めてジャズの帝王の魅力に気づかされました。

これをきっかけにいろいろジャズを聴いていきたいです。

今回紹介した「クッキン」

created by Rinker
ユニバーサル
¥1,515 (2020/01/27 21:54:44時点 Amazon調べ-詳細)