初人間ドックでKindle Paperwhiteが役に立った

タブレット

今日は人生初の人間ドックに行ってきました。朝8時に受付をして昼ぐらいまでかかりました。予想していたよりも時間はかからなかった印象です。バリウムも個人的には噂に聴いていたほど、しんどいとは感じませんでした。今回の受診で役に立ったものがあります。それはKindle。その理由を記事にしてみました。

待ち時間がある

人間ドックには待ち時間があります。

初受診のため平均的にどれくらいかかるかはわかりませんが、結構待った時間もありました。

この時、Kindle Paperwhiteで読書して時間を潰せたのがすごく助かりました!

他にもスマホを見ている人や、文庫本を持っている人がいました。時間の潰し方は人それぞれだと思いますが今回Kindleが役に立ちました。

いろいろな本を読むことができる

ぼくは結構飽き性なのでいろいろ本を読みたい方です。

文庫本でもいいんですが、1冊の本で疲れてしまった時別な本を手に取りたくなりませんか?

漫画も読みたくなる場合もあるし。

そんな時Kindleなら端末に入っているいろいろな本を取り替えながら読むことができるので便利です。

受診の待ち時間はマチマチで長い時もあれば、短い時もある。

そういう時に、その時に合わせた本を読むことができるのは利点です。

これはKindleアプリでも同じことが言えますが、今回Kindle Paperwhiteを推しているのには理由があります。

読書のみに集中できる

それは読書のみに集中できることです。

スマホは結構誘惑が多いです。

ニュースを見たり、TwitterなどSNSを見たりなど。

それはそれでいいんですが、ブログを書いている身としてはインプットに注力したい。

本の情報は編集を経ているだけあって、質のいいものが多い印象です。

まとめ

今回初の人間ドックで改めてKindle Paperwhiteの優秀さを痛感しました。

Paperwhiteだとほぼバッテリーのことを気にしないでいいのが楽ですね。

Kindle Paperwhiteでなくてもアプリを使えば、端末関係なく読書を楽しめます。

本好きの方は一度試してみてはどうでしょうか。

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

タブレット