補食を習慣の中に取り入れてみる

間食と補食 meal 健康

健康診断の指導で「補食」というものを教えてもらったので、今後試していこうと思っています。

お腹が空いているとたくさん食べがち

実は職場の健康診断の結果、指導が入ることになりこの前面談に行ってきました。

そのときに目標を立てるのですが、その中のひとつとして「夕食を1日の食事量の三分の一に押さえる」というものがあります。

よく知られているように夕食のあとは寝るのでたくさん食べると体に余分な分が蓄積されてしまいます。

ただ仕事で歩いている時間も多く、電車で通勤しているのでその分の歩きもあり、家に変えるころには結構お腹が空いています。

その結果としてぼくの中でそこそこで抑えたほうがいい夕食にがっつり食べるという習慣がついていました。

補食がいいらしい

アドバイスとして教えてもらったのが「補食」です。

おやつを指す「間食」とはまた違って、バナナやシリアルバー、おにぎりなど栄養があってカロリーもそこそこのものを食べることです。

「補食」を摂ることでお腹がペコペコという状態で夕食を食べることがなくなり食欲をセーブできるということです。

Vol.3 補食は練習前後に正しくとりましょう | エナジーサポーター スポーツ栄養&レシピ| 日清オイリオ

実際に試してみて

ということでコンビニで見つけたソイジョイを食べてみました。

これまでは夕方から夜かけてエネルギー切れを感じることもありましたが、軽くつまむことでそれも防げるし家に帰ってからもどか食いみたいなことをせずにすみました。

これはいいかも!というのが最初の実感です。

まとめ

自分の中でおやつ的なものを食べるのに罪悪感がちょっとありましたが、プロの方に教えてもらったので試してみるいいきっかけになりました。

いろいろいい習慣を試してみて、ダイエットを軌道に乗せたいです。

今年こそ!マイナス10キロ目指してダイエットします。 | つぶログ書店