Kindleをなくして変わる通勤時間!

移動

Kindleをなくしたので、その時間を何に使っているか考えてみました。

Kindleをなくして変わる生活

去年の年末にKindlePaperwhiteをなくしてしまいました。

買ったばかりなので、結構ショックでした。買い直しても良かったのですが、出てくることを祈って一旦止めていましたが、出てこないようです。

KindlePaperwhiteをなくして最大の変化は通勤時間の過ごし方です。

これまでは電車に乗るとKindleを取り出して、おもむろに読み始めました。

ぼくの通勤時間は往復で1時間くらいですが、この時間Kindleが大活躍してくれたわけです。

分厚い本も、最近買った本も持ち運べるし、飽きたらほかの本にも移れます。

この便利さに慣れていたので、最初はキツかったです!

電車の中でしていること

紙の本だと実質持ち運べるのは1〜2冊ほど。それも分厚い本は持ち歩くのはしんどいです。

ということで、電車の中で読むのは本一冊か文庫本などになりました。

その代わりに増えたのが、メモを取る時間。

MDノートを二軍ノートとしていろいろ書いています。

その他ライフログとしてLifeArtに写真や文章を書き込んだりします。

LifeArt

LifeArt (1,800円)
(2017.01.13時点)
posted with ポチレバ

このアプリ、マンダラートでライフログを扱うというコンセプトのアプリですが、どんどん写真や文章を追加していくのが楽しい!

それでいてマンダラートですから、発想を膨らませることもできるのです。

StackOneで発想を書き留めることも多いですね。

基本的にデジタルの入力はEvernoteに集約するようにしています。

Amazonで注文したときのメールなどもEvernoteにメールで転送し保存しています。

こういったことを処理する時間としてこれまでKindleを読んでいた時間を充てています。

ブログネタも考える

以前はするぷろというアプリを使って、モブログをしていましたが、最近はブログを書くのはMacBookPro一辺倒なので、iPhoneでは下書きまでです。

Simplenoteに思いつくまま記事を書いていき、形になりそうだったらEvernoteに送信し、Macで編集します。

突発的な思いつきはStackOneに収納します。

アイデアが膨らませそうだったら、紙のノートを使うこともあります。

あとがき

KindlePaperwhiteを入手したときと同じく、なくしたら生活が大きく変わりました。

またKindleを買うかもしれませんが、しばらくはこの生活のままいこうと思っています。

紙の本も慣れるとなかなかいいものです。

備後ブロガー会を企画しています

備後地方のブロガーさんが集まれる会を企画しています。

ぜひ、参加を検討ください!

2月26日に備後ブロガー会(仮)を開催します! | Creating Myself

最近読んでいる本

photo credit: Peter ( phonepics only) Eijkman Wegleren: Alexanderplein 4 via photopin (license)

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

移動