【書評】リンダ・マッカートニーが撮ったロックスターの写真集

書評

リンダ・マッカートニーが撮影したロックスターの写真集を図書館で借りてきました。

ロックスターの素顔を捉えた写真集

リンダ・マッカートニーといえば、ポール・マッカートニーの妻として、70年代にはウイングスの一員として一緒に活動していました。

実はポールと出会う前は写真家として活躍していました。

今回紹介するのはリンダが撮影したロックスターたちの写真をまとめた写真集です。

タイトルは「Sixties」

図書館でふと調べてみたところ所蔵があったので借りてみました。

写真集なので、中の写真を載せませんが貴重な写真が目白押し。

スタジオでのビートルズ、ポール宅でのジョンとヨーコ、ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、など。

どのアーティストもリラックスした表情で、リンダが信頼されていたことがわかります。

リンダ自身は写真の技術的なことはそれほどわからない、間違ったセッティングでいい写真が撮れたこともあると語っています。

リンダだから撮ることのできた、「フォトセッション」で撮られた写真とはまた違った雰囲気です。

まとめ

初めて見る写真もたくさんあり、見たことのある写真も前後のショットも見ることができるのがいいですね。

古い本ですが、ロックファンにおすすめ。

お近くの図書館などにあればぜひ見てみてください。