マンダラートはデジタルの一軍ノートになり得る?

アイデア

最近あるアプリを導入しました。デジタルの一軍ノートになり得るポテンシャルを持ったアプリだと思います。

超ノート術を読んだ!

今日鈴木ねじさんの『超ノート術』を読み終わりました。

前々から気になっていましたが、読んでよかった!

最近ハマっている一軍ノートと二軍ノートという考え方だけではなく、フィードバックのために打席に立つ回数を増やすという考え方にすごく共感できました。

アイデアを出すようになってからまだ間もないため、量産とまではいきませんが、だんだんとアイデアが出てきているという感触があります。

以前はアイデアというと企画に繋がるアイデアでなければいけないと思い込んでいましたが、そうじゃなくてもいいんですね。

どんどんアウトプットすることのほうが大事。そのために一軍ノートがあるわけですから。

この本を読んで試してみたいと思ったのは朝のアイデア出しと二軍ノートのEvernoteへの転記です。

そして無地のノートでの一軍ノートです。

マンダラートはデジタルの一軍ノートになる?

ところで最近あるアプリを導入しました。

その名もLifeArt

このアプリはマンダラートをライフログ的に使うというコンセプトのアプリです。

マンダラートとは

3×3の9マスを書き、その中心のマスに考えたいことを書き込み、周りのマスにはそれに関連する事柄を埋めていく。次に周りの8マスのうち1マスを選び、そのマスの記載内容を別の紙の中心のマスに転記し、同様に繰り返す。これを何度も反復することにより、思考を深めていく。
マンダラート – Wikipedia

という発想法のことです。

LifeArt

LifeArt (1,800円)
(2017.01.07時点)
posted with ポチレバ

このマンダラートをライフログ的に使うという点が面白いのです。

このアプリでは1年や1日などの単位で記入していきます。もちろん、マンダラートですので、ほかのマスにどんどん発想や写真を貼り付けていけます。

それだけではなく、人生自体もマンダラート化することができるというすごいアプリなのです。

検索も可能です。

今回のお話しはこのLifeArtをデジタルの一軍ノートにできないかということです。

というか現在いろいろ試しています。iPhoneの写真アプリから写真を貼り、コメントをつけたり。最近だけですが。

マンダラートで一見記入する字数が少なそうですが、そんなことはなくしっかり書けますし、その構造故にアイデアを膨らませることも得意です。

見返すのも楽しい。

一軍ノートに適した条件を持っていることがわかります。

こういう使い方も楽しい。

Evernoteで日記は続けますが、しばらくLifeArtで一軍ノート試してみます。

紙は紙でモレスキンを購入する予定です。

こちらの記事も参考になります。

[n❁h]俺的最強メモ術『100円ノート超メモ術』とそれを支える三種の神器はこれだッ! #七ブ侍 #木曜日*4 | ラフハックス

まとめ

LifeArtは1800円という結構いいお値段です。

しかし、それだけの価値がある予感がしています。

ぼくは紙とデジタルを共存させる方法を模索しているので、紙とデジタル両方でうまく活用できたらと思っています。

今回紹介したアプリ

LifeArt

LifeArt (1,800円)
(2017.01.07時点)
posted with ポチレバ

photo credit: xhowardlee **** via photopin (license)

人気記事をセレクション。

【コラボ書評】女の子に必要な ダイヤよりも、もっと大切なもの。『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』の感想に似たなにか。 | Creating Myself

YouTuber、Webクリエイターとして活躍するのりごとーさんにインタビューしました!前編 | Creating Myself

本を絶対に読んだ方がいい理由:本の好きなところ | Creating Myself

福山駅近くのカフェ、FOREVER COFFEE MARKETでステーキを食べました! | Creating Myself

スポンサードリンク

アイデア