図書館を使うことで“当たり本”と出会うこと確率を高める

図書館

図書館でたくさんの本を借りてみることのメリットについて考えてみました。

図書館でたくさんの本を読むメリット

ブロガーのつぶあんです。

ぼくは趣味が読書でよく書店や図書館に行きます。

図書館の場合基本的な利用は無料なので制限冊数までであれば書店で買うよりも多くの本に接することができます。

図書館で本を借りるメリットは自分にとっての“当たり本”と出会う確率が高くなるということだと思います。

自分が関心のある分野といえども買いたい本、気になる本をすべて買うことができる人は少ないはずです。

それが図書館を利用することで関心のある分野をまとめて読むことができるんですよね。

ぼくは歴史が好きなので先日も関心もある本を借りてみました。

(たまたま見かけたいうような理由で偶然の出会いがあるのも図書館のいいところです)

過去を含めると世の中にはたくさんの本が出回っています。

その中から自分にとってすごく重要な本を見つけるという作業はある程度の難しさがあります。

書店でも出会うことはできるのですが図書館のほうが過去の本に強いのでより広い観点から本と出会うことができます。

そうすることによって“当たり本”と出会う確率が高まるんですよね。

あなたにとって一番合った本が新刊の中にないという可能性もあるからです。

図書館ならたくさんの本を一度に借りることができるので自分に合う本、探している情報に出会う確率が高まります。

気に入った本、手元に置いて折に触れて読み返したほうがいい本を見つけたときには書店などで買えばいいわけです。

まとめ

図書館はよく使う人はかなりの頻度で利用するし、まったく使わない人は行くことさえ少ないことが多いことがあります。

日本中を探してもこれだけ本を出会うことができる場所は少ないです。

日々の生活からビジネスまで図書館を使わないのはもったいないと思うのです。

図書館はただ単に本の「入れ物」なのか

知らない本は見つけられない【図書館の価値】