キンクスの名盤「アーサー」CD初期のAAD盤を入手!

kinks Arthur CD 音楽

福山市の邂逅レコードでCD初期のキンクス「アーサー」を買いました。

キンクスの初期CD

日本での知名度はビートルズクイーンには及ばないものの、一部ではもっとも「イギリスらしい」とも言われるバンド、キンクス。

今回キンクスが1969年に発表した代表作「アーサー」のCDを福山市の邂逅レコードで買ってきました。

キンクス『アーサー』50周年記念盤。最&高。 | STRUMBLOG ストラムブログ

去年50周年記念盤が出たばかりですが、今回購入したのは1990年のCD初期のころにリリースされたUS盤です。

アナログテイストなサウンドが楽しめる!

どうしてこれを買ったかというと、このCDがアナログのマスターテープを使っている「AAD」だからです。

「AAD」とは「Aアナログ録音、Aアナログミキシング、Dデジタルマスタリング」を指す用語。

『AAD』と『ADD』の違い、知ってますか? | サウンドインプレッション by Audio Shop PLUTON

そこまで違いがわかるのか、と言われたら苦しい部分もありますが、今回買ったCDを聴いてみたところ、アナログっぽい音を感じることができました。

AADのCDはリマスター前の音が楽しめるということで一部のファンから人気があります。(前に手に入れたBBキングのCDもいい音でした)

たしかに聴いてみると最近のパキッとしたサウンドとは違う、まろやかな音質です。

音圧はそこまでではないものの、逆に生々しいような「ロー(RAW)」な感じとでもいったらいいのでしょうか。

何度もリピートしても飽きない名盤ですね。 演奏もいいです。

CDが普及し始めたころなので、CDについての説明が載っているのも面白いです。

まとめ

デジタル音源も「音圧」を競う段階は一段落して、いかに自然にマスターの雰囲気を再現しているかという流れになりつつあります。

そんな流れで今回キンクスの名盤を楽しんでみました。

今となっては貴重な記録!87年モノCD「With The Beatles] | つぶログ書店

今回紹介したアルバム

created by Rinker
Sanctuary
¥1,868 (2020/01/27 17:17:00時点 Amazon調べ-詳細)