キング・クリムゾンのデビュー作をオリジナル・マスター・エディションで!

In The Court Of The Crimson King original master 音楽

クリムゾン・キングの宮殿オリジナル・マスターエディション

キング・クリムゾンの鮮烈なデビュー作、「クリムゾンキングの宮殿」オリジナルマスターエディションを買ってみました。

先日Blu-rayを含む50周年記念盤が出ましたが、ぼくが買ったのは2004年のバージョンです。

ディスクユニオンの通販を見ていたところ、未開封のものが出ていたので購入したもの。

デビュー作にしてプログレッシブロックの名盤ですが、マスターテープが紛失したことによりずっとCDはコピーマスターから制作されていました。

それが偶然ロバート・フリップがオリジナル・マスターを発見(!)。マスターテープを紛失して、意外なところから見つかるという事例はたまに聞きますが、こんな名盤でもそんなことがあるんですね。

このCDは新たにSACD用にリマスターしたマスターを使用しています。

HDCD仕様ですが、国内ではほとんど対応プレイヤーを手に入れることは難しいでしょうね。

でも、ふつうのCDとして再生しても素晴らしい音質でした。

かなり昔このアルバムを購入したときはゴールドCDっぽい仕様でしたが、そのときよりも音がいい気がします。

KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING(ORIGINAL MASTER EDTION) : 無駄遣いな日々

まとめ

いまだったら50周年記念アニバーサリーエディションを買うのがいいと思いますが、「オリジナル・マスター」という響きが大好きなのでこのバージョンを買ってみました。

久しぶりにプレグレの名盤を聴いて大満足ですね!

【Beatles】アビーロード 50周年記念盤1LPの感想【abbey road】 | つぶログ書店

50周年記念アニバーサリーエディション

あわせて読みたい(スポンサーリンク)