Kindle Paperwhiteの買い時はいつか:悩ましい問題!

キンドル

Kindle Paperwhiteを愛用しているのですが、買い替えのタイミングについて考えています。現在使っているモデルに満足しているのと現行のモデルにそこまで大きな差がないという判断から見送っています。

Kindle Paperwhiteを愛用

通勤中の読書にはKindle Paperwhiteをアプリとともに愛用しています。

こちらの記事からも刺激を受けました。
Kindle端末とKindle読み放題サービスのせいで読書がやめられない

iPhoneでもアプリを使って読むことは出来るのですが、やっぱり専用端末のほうが便利です。

Kindle Paperwhiteのよいところはいくつかあります。

充電が気にならない

個人的にKindle Paperwhiteの最大の売りはこれだと思います。

もちろん、amazonのいうような8週間は無理としても1週間は確実に持ちます。

これはiPhoneのみならず、スマホユーザーなら常に悩まされているバッテリー問題を解消してくれるという利点があります。

常に通信をしていれば減りは早い気がしますが、ぼくは一旦本をダウンロードしたら機内モードにします。

こうすれば余計な電力も通信料も使うことなく読書に専念できます。

目が疲れない

Kindle Paperwhiteは電子インクという技術を採用しています。

タブレットなどの端末を長時間眺めていると目が疲れますが、Kindle Paperwhiteはその心配がいりません。

ライトを落とせば暗いところでも読むことができます。

新型Kindle Paperwhiteに期待

ぼくが現在使っているのは第6世代のKindle Paperwhiteです。

現行のモデルとはストレージも同じ4Gです。

そのため一瞬買い替えを考えましたが、踏みとどまりました。

文字の鮮明さなどは現行モデルの方はいいのですが、買い換えるほどの差はないとの判断です。

ストレージも増えて解像度もさらに上がれば買い替えを考え直さなければいけなくなるかもしれません。

まとめ

とりとめもない記事になってしまいました。

要するに新しいKindle Paperwhiteに期待ということです。

個人的にはMacBook Proを待っているともあり、待ちの姿勢なのですが大幅なスペックにアップをしてきたら心が揺れずにはいられません!

今回買った漫画

美術をテーマにした劇画ですが、驚愕の1巻11円。誤記ではありません。

気になる方はお早めに!

好きな人は好き、嫌いな人は嫌いとはっきり別れる画風だと思います。

まだ最初しか読んでいませんが面白いですよ!

ぜひKindleで手にとってみてください。

photo credit: Kindle via photopin (license)

キンドル

ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。