部屋の片付けをすると人生が少し有意義になった

人形

勝間和代さんの『勝間式汚部屋脱出プログラム』を読んで以来、部屋の片付けを進めています。ぼくの部屋は結構ものが多かったのですが、片付けを進めるとだんだんと気分もよくなってくるし、いいことばかりです。今回は片付けをする上で気をつけていることなどを書きたいと思います。

無印のローテーブルを導入

最近の一番大きいトピックはこれですね。

無印良品パイン材ローテーブル

これまで使っていた机は数年前に買ったもので、相当古くなっていたし、微妙に使いにくいものでした。

それでも仕方なく、使っていましたが今回無印良品のパイン材のテーブルを購入しました。

パイン材のテーブルを知ったのはYouTuberの瀬戸弘司さんの動画からです。

これまで使ってきた机よりは狭いんですが、逆に整理をして使うようになったので気持ちよく使えるようになりました。この机を買ったのはブログ用でもあります。

ブログを書く以上いい道具を使いたいもの。このテーブルはアップルストア感があり気分が上がります。値段は安いんですが、ブログを書く意欲が上がりました。

本棚っていい!

最近のもう一つ大きな発見。それは本棚って素晴らしいってことです。

当然これまでも本棚を持ってはいましたが、キャパオーバー気味で床に本を置く場面もありました。

キャパオーバーというのも汚部屋への第一歩です。勝間さんの本にもこの点が書いてありました。

床に置いていた本を片付けたところ部屋がすっきりして、いい環境になりました。

餅は餅屋というか、専門の道具を使った方が片付けしやすいっていうのは当たり前ですね。

後の課題はたくさんあるCDでしょうか。

CDラックを今更買うのもなという気がしています。アップルミュージックも契約しているし、必要のないCDは売ってしまうのがいいのかもしれません。

本についても同様の取り組みをしていきたいと思います。本棚があるとはいえ、場所は有限ですからね。

ぼくは全然ミニマリストじゃないのですが、やはりものが少ない部屋は気持ちがいい。

これからも整理を続けていきます。

1日1捨

これは木村聡子さんの『あなたの1日は27時間になる』から学んだ方法です。

毎日一つ何かを捨てるという方法です。捨てるのはものでも、習慣でも、使わなくなったアプリでもかまいません。

この方法を試すようになってから身の回りがだんだんと洗練されていくようになりました。

今までは好きでもないものに囲まれていたのではないかということです。

1日1捨おすすめです!

まとめ

片付けをするとだんだんと身の回りが整理されてきて、気分がよくなります。

そうするとこれまで囲まれていたノイズが取り除かれて人生が有意義になるのではないかと思います。

それにきれいな部屋で過ごすのは気持ちがいいですからね。

部屋を整理整頓することで、気分もよくなりブログにもいい影響が出てきているのではないかと思います。

これからも頑張って部屋をきれいに、そして維持していきたいと思います。

人形

ちょっと前向きメルマガ始めました!

毎日配信を基本として、1つのテーマで気軽に読める分量でお届けします。

毎日のちょっとした気づき、考えたこと、本の感想など、そのときどきによって配信内容は変わります。

読んだ人がちょっと元気になれて、前向きになれるようなメルマガを目指します。

つぶあん
毎日配信でずっと無料です!
ぜひ、読んでみてください。

▼登録はこちらから。