iPhoneのロックをApple Watchで解除できるようになった!

Apple Watch Series 4 レビュー

Apple WatchでiPhoneのロックが解除できるようになりました。

Apple Watchで iPhoneのロック解除

最近のiPhoneは指紋認証ではなく、Face IDがセキュリティとして採用されています。

すごく便利なのですが、コロナ禍でマスクを着用しなければならなくなるとちょっと面倒と感じることが出てきました。

もちろんパスコードを入れればスリープを解除できるのですが、毎回だと面倒。

外出中などほぼマスクをつけていますからね。

YouTubeなどでマスクをつけたままロックを解除する方法が解説しているものもありましたが、「もう一つの容姿」を登録するなどこちらも面倒。

今回iOSのアップデートでマスクをつけたまま、Apple Watchでロックを解除できるようになりました。

この設定を使うにはApple Watch側でパスコードが設定されている必要があります。

設定から「Face IDとパスコード」を選択。

次に「Apple Watchでロック解除」の項目があるので、適用したいApple Watchを選びます。

「オン」を選択してください。

仕組みとしてはApple Watchが近くにあってロック解除されている時にiPhoneのロックが解除されるというものです。

最初に解除する前にはApple Watch側でパスコードを入力する必要があります。

ロック解除された時のApple Watch側の表示がこちらです。

まとめ

Face IDでマスクに対応するか、新しいiPhoneで指紋認証などが再び採用されるまではこの方法が便利ですね。

Apple Watchを使っている方は試してみてください。

Apple Watchで心電図が使えるようになったので測ってみた! | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)