ハイレゾに興味はあるけれどまだ挑戦せず…

ビートルズのBlue-rayオーディオ Resolution 音楽

最近は高音質といえば“ハイレゾ”ということになっています。

数値のすごさはわかるのですが、導入までの壁がありまだ挑戦したことはありません。

ハイレゾに興味はあるけど…

音楽ファンにはおなじみだけれど、ふつうの人にはそこまで浸透していないのが“ハイレゾ”。

ハイレゾとは? | ハイレゾ・オーディオサイト | ソニー

簡単に言えばCDよりも高音質で音楽を楽しむことができる規格、という感じでしょうか。

好きな音楽ブログでもハイレゾを聴いている方が多いです。

ブルーレイ・オーディオで聴く「ホワイト・アルバム」 – shiotch7 の 明日なき暴走

ぼくの場合はハイレゾに興味はあれど、まだ導入にはいたっていません。

というのも大きな問題が2つあるからです。それは…

  • iPhoneに対応していないということ。
  • 追加で購入しなければいけない機器が多い。

この2点があるからです。

外で音楽を聴く機会も多いのですが、iPhoneが標準でハイレゾに対応していないので、アプリ、アンプ、ハイレゾ対応ヘッドフォンが必要になってきます。

あとは自宅で聴く際もUSB-DACというのが必要な模様。

これは少し面倒ですね。

アナログレコードは手間がかかりますが、アイテムとしての魅力と音が好きなので面倒には感じません。

先日奈良のビートルズレコード専門店B-SELSに行ってオリジナル盤を聴かせてもらったんですが、素晴らしいサウンドでした。

こういう体験が大切なんですよね。

まとめ

この壁を超えるにはやっぱり実際にハイレゾのすごさを店舗などで実感するしかないですね。

気軽にMacやiPhoneで視聴ということもできないので、体験してみるのが早そうです。

ただ、レコードやCD再生環境を充実させたいという気持ちもあるので、のんびりいきたいです。