悲運の武将の生涯『「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家』

hideie ukita 宇喜多秀家 書評

豊臣政権の五大老として知られる武将、宇喜多秀家の評伝を読みました。

宇喜多秀家という武将

宇喜多秀家という武将についてどういうイメージを持っているでしょうか。

若くして、豊臣政権の五大老となったということか、関ヶ原の合戦で敗れ八丈島で生き抜いたということでしょうか。

宇喜多秀家はその知名度と重要度にくらべて、一般向けの評伝は出版されておらず、研究も進んでいなかったようです。

今回紹介するのは、宇喜多秀家の評伝としては決定版、とされる『「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家』です。

悲運の武将、秀家

秀家は豊臣秀吉から信頼され、官位も武家では有数の地位に就きます。

どうしてここまで秀吉に信頼されたのか。

理由としては、秀吉の天下が定まる前から一貫して宇喜多家が秀吉を支えていてこと。

そして、秀吉に愛されていた養女豪姫(樹正院、実父は前田利家)を妻にしていたことがあげられています。

この本を読んで感じたのは、秀家は自分自身で活躍する余地があまりなかったのではないか、ということです。

秀家自身はもちろん領国経営もしていましたが、政権上層部だったのでほぼ上方(京都・大坂)に詰めています。(有力家臣も同様)

また、高い地位と引き換えに加増がなかったり。

おそらく秀吉が長生きするなり、豊臣政権が続いていたら地位にふさわしい仕事が与えられていたのかもしれません。

この本以外で、宇喜多秀家の生涯をコンパクトに知りたいと思ったら、「シリーズ実像に迫る」のなかの『宇喜多秀家』がサクッと読めて、図版も多いのでおすすめです。

created by Rinker
¥1,650 (2020/03/29 23:37:50時点 Amazon調べ-詳細)

おまけ

まえに岡山城に行ったときに秀家時代の石垣を見ることができました。

まとめ

本の帯に「栄光の前半生 没落の後半生」とあるのは、まさに秀家の生涯を言いあらわしている気がします。

宇喜多秀家という武将について、外せない知識を学ぶことができるので戦国時代から近世にかけて興味がある人にはぜひ読んで欲しい1冊です。

軍事的な面から見た“戦の時代”『戦国の軍隊』 | つぶログ書店

今回紹介した本

created by Rinker
KADOKAWA
¥946 (2020/03/29 23:37:50時点 Amazon調べ-詳細)