大名盤「オール・シングス・マスト・パス」の50周年記念エディションに期待!

george harrison オール・シングス・マスト・パス 音楽

ジョージ・ハリスンの名盤「オール・シングス・マスト・パス」発売から来年で50周年を迎えます。

ジョージ・ハリスンの大型リイシューに期待

ビートルズの2009年リマスターから10年。

とうとうスーパー・デラックス・エディションも「アビーロード」まで到達し、オリジナルアルバムでは残すのも「レット・イット・ビー」のみ。

ビートルズ関連で今後期待するリリースはジョージ・ハリスン一世一代の名盤「オール・シングス・マスト・パス」の50周年記念エディションですね。

george harrison all things must pass

ジョージ・ハリスンの傑作「All Things Must Pass」 | つぶログ書店

絶対音源はあるはず

本作はレコードで3枚組で発売されたほど、ジョージの創作意欲が溢れていた時期です。

ビートルズ時代につくって発表できなかった曲もふくまれますが、集めれば「ホワイトアルバム」のスーパー・デラックス・エディションくらいの分量はあるはず。

特にLPでのDisc 3は「Apple Jam」というタイトルでジャムセッションで構成されているのでアウトテイクもあるんだろうなと思います。

ニューセンチュリーエディションが過去に発売されましたが、ジョージ自身によってジャケットが変えられていたり、「マイ・スウィート・ロード」の新録が入っていたりしました。

もし50周年記念盤が出るなら、オリジナルマスターテープのリマスターか、ビートルズの一連のデラックス・エディションにならって、セッションテープにまでさかのぼってオリジナルを尊重したリミックスを作成するかですね。

まとめ

実はビートルズメンバーのソロは過去のアニバーサリーイヤーにリマスターやリミックス、デラックス・エディションが出ていたりして今後はリイシュー自体がニュースになるものは少ないと思っています。

その中では「オール・シングス・マスト・パス」のデラックス・エディションは最後のひとつになる可能性があります。

いっそのことCD6枚組にBlu-ray Audio付きで出してくれないかな。

ファン歴10年のぼくがすすめるジョージ・ハリスンの名曲10選! | つぶログ書店