戦争の歴史を伝える歩兵第四十一聯隊跡地【福山史跡めぐり】

地域情報

福山にかつてあった歩兵第四十一連隊の跡地を見に行ってきました。

戦争の歴史を伝える連隊跡地

福山には戦前に歩兵第四十一連隊があり、現在緑町公園やショッピングモールのココローズのあるあたりに本部が置かれていました。

最近戦前の歴史に興味を持っているのでウォーキング中に立ち寄ってみました。

歩兵第四十一聯隊跡地

福山駅からは離れているので車で来るのがいいかもしれません。

この石碑は緑町公園の角の部分に設置されています。

このあたりは何度も通っていますがしっかりと見たのは今回が初めてです。

歩兵第四十一聯隊跡地 石碑 緑町公園

跡地の石碑はもともと近くのJA福山市の敷地内に設置されていましたが、市制施行100年のタイミングで現在の場所に移されたとのこと。

▲隣には連隊の歴史を伝える説明板が設置されています。

歩兵第四十一聯隊跡地

▲こちらが石碑の裏側です。連隊の歴史が記されています。

歩兵第四十一聯隊跡地 西門

▲緑町公園から少し離れた場所、ココローズ内のミスタードーナツそばに西門があります。

歩兵第四十一聯隊跡地 西門

「歩兵第四十一聯隊西門」という表示があります。

福山 兵営跡地 説明板

▲こちらが説明板。

歩兵第四十一聯隊跡地 福山 説明板

説明板には現在の場所と兵営の比較の地図がありました。

この地図を見ると兵営がいかに大きな場所だったかがわかります。

この門があった場所は火薬貯蔵庫のそばだったんですね。

福山市 ココローズ

西門の前から先ほどの連隊跡の石碑の方角を撮ったもの。

このブロックがまるごと兵営だったということになります。

まとめ

いまはスーパーもあり、市民が日常の買い物をしたり食事をする憩いの場所です。

戦争の歴史を賛美するものではありませんが、この連隊跡も紛れもなく福山の歴史の一部だったことは間違いありません。

これまではチラッと横目に見るくらいでしたが、改めて自分の足で歩いて平和であることのありがたさを感じました。

【福山】天下橋:今はなき城下町の面影 | つぶログ書店

あわせて読みたい(スポンサーリンク)